池田市 ギャルリVEGA ウォンバゥット写真展 by LUMIX G8

f0050534_08062521.jpg














f0050534_08065782.jpg



















f0050534_08062819.jpg


























f0050534_08054261.jpg















f0050534_08063101.jpg



















f0050534_08054219.jpg

LUMIX G8+LEICA100~400mm LEICA12mm

今回の池田 ウォンバゥット写真展はいろいろ初の試みをしました

何よりも動物作品での初の写真展。僕は動物写真家ではないですが、ある程度動物とか動き物は撮れるように練習と経験はしておりましたが、写真展にきちんと作品として出すのは初めてでした

そしてもう一つは、マイクロフォーサーズ&LEICAレンズでの初の個展。今回はマイクロフォーサーズのポテンシャルと画素をすべて無駄なく引き出すために、プリントは全て写真弘社で行いました。jpeg撮って出しで、A1サイズまできっちりプリントを制作していただきました。会場の明るさにあわせて、しっかりプリントしてくれました。プロラボの凄さは、1枚1枚のプリント技術もさることながら、連作で並べたときの、色やトーンの統一感。写真の流れをきっちり作ってくれます。見せるための色と明るさのあんばい。プロの仕事です。写真は撮るだけでは完成しません。プリントして初めて完成です。カメラが撮り、切り取った光の獲物を、きれいに料理し無駄なくお皿に盛りつけてくれるのがプロラボ。皆さんは撮るときと同じぐらい、プリントに気をつけていますか?

プロラボはアマチュアでも普通の人でもだれでもプリントをお願いできます。少し高めですが、注文聞き料、満足がいかなかったときの再プリント料も含まれてます

マイクロフォーサーズでのプリントに不安や満足をしていない方、ぜひプロラボのドアを開けてください。自分のカメラのポテンシャルを見ることが出来ます




ブログランキング応援クリックお願いします。下のランキングバナーをクリックしてください。




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね






by masabike | 2017-12-07 08:20 | タスマニア | Comments(0)
<< 小石川植物園 紅葉撮影ワークショップ 銀座で忘年会  つばめグリル >>