紅葉北辺図

f0050534_22515769.jpg
Nikon D850+Nikkor70~200mm

北の紅葉は今年は鮮やかだった
だが、その色を包む大気には、シベリア寒気団が潜んでいた。赤い色から温かみではなく、そこまで近づいた冬の歓声が聞こえてきた

D810より、さらに進化した画素数。ただその画素数を使い切るには、丁寧な撮影が求められる。三脚にしっかり固定し、ミラーアップして、レリーズを使いシャッターを切る。これはミラーがないGFXでも同じこと。しっかりした三脚と丁寧な撮影。これなくしては高画素カメラの撮影は難しい。GFXやD850での手持ち撮影は僕はしないつもりです。絶対にぶれないほど僕は上手ではない。5メートル近いプリントにしたときに、1ミリたちともぶれずに、手持ちで撮る自信はないです。もしそれが千載一遇のチャンスだったらなおさら丁寧に撮ります。ハイパフォーマンスになればなるほど、基礎にしっかり立ち使用する。カメラもバイクも同じです







by masabike | 2017-11-26 22:54 | 日本風景 | Comments(0)
<< 思い出の八幡浜チャンポン 宴会は阿波尾鶏 >>