Katachi 20171109


f0050534_09144670.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm

用風景を撮るカメラマンが鉄塔を凄く嫌がるのが不思議だ。撮り方によってはこれほどおもいしろい被写体はないと思う。例えば富士山を撮りに行き、富士山がだめな時、鉄塔や他の被写体を探す。その臨機応変さが新たな視点、新たな興味を見つけてくれる。固定概念、これを取り除くのが新しい作品作りに一番大きな壁となる。壁が取り除けない時は、お終いの時。









by masabike | 2017-11-11 09:19 | 日本風景 | Comments(0)
<< 朗報 ?富士そば 冬光 美ヶ原20171109 >>