湖北晩夏図

f0050534_11182597.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm

湖北にて

日常の香り、人の気配のする風景を自分の世界観に取り込む難しさが湖北にはある
綺麗なだけ、おもしろいだけの作品では時の中に埋没してしまう。日常の光の中に、自分の意思や創作する心の強さを出さなければならない。そのためには撮りたいという、太陽の輝きのような、爆発的パワーが必要だと思う。そのパワーが日常を、非日常に変えてくれる




by masabike | 2017-09-06 11:23 | 日本風景 | Comments(0)
<< 浜松餃子 リベンジ 写真展 音と光の間 本日最終日... >>