隠れた名機 FUJIFILM XF1

f0050534_22355068.jpg

今日、家内のXF1と、うちの事務方のアシスタントH嬢のXF1の修理が出来上がったので富士フイルムSSに取に行ってきた。もうディスコンになってしまったモデルです。そして意外と短命でした。でも僕も家内もうちのアシスタントさんも、XF1のデザインも画質もとても気に入っています。特に画質は、恐ろしいほどの高解力と素晴らしい色再現です。家内はキュレーターですが、仕事にXF1が無くてはならない存在と言っています。

2014年夏、ドイツ・オーバーコッヘンのカールツァイス本社を表敬訪問させていただいた際に、ツァイス社のエンジニアの一人が普段使いのカメラとしてXF1を使っていて、とても気に入っていると言っていた。画質、デザイン、そして沈胴式のレンズ。すべてが最高と言っていた。彼は「日本に帰ったら、富士フイルムの人に最高のカメラだと伝えてほしいのと、XF2を出してくれ」と言っていた


Xシリーズの中では短命だったが、その存在の大きさはいつかカメラ史が証明してくれると思う。作ってくれたエンジニアの皆さん、少し駄々っ子ですが修理して大事に使っています。素晴らしいカメラをありがとうございました






by masabike | 2017-08-11 22:44 | Comments(0)
<< オーストラリアの香り 名取 グローリオレジデンス 名... >>