光あれ

f0050534_08051770.jpg

FUJIFILM X-T2+FUJINON16~55mm

峠に昇るとガスで何も見えなかった。突然風が吹き、ガスが切れるとそこに息を飲む光があった。繊細な光。それを確実に心のままに撮れたとき、撮影終了後大きく息を吐いた。わずか2~3分の撮影だが、まるでここで1日撮っていたような心地よい疲労感だった





by masabike | 2017-03-16 08:09 | 日本風景 | Comments(0)
<< 呼人 石北本線 斜光 >>