六義園 2016 12

f0050534_07135011.jpg
FUJIFILM X-T2+Carl Zeiss Touit50mm

六義園など庭園の撮影はとても神経を使うのとよい勉強になる。庭園は計算されつくした人口の自然。その計算されたエリアをどう見るか。自分の視点の動きの勉強になる。ワークショップなどではよく、公園や庭園が多い。普通に撮ってもきれいに見えるところの何処を、さらに切り取るか良い勉強になります


そういえば、皆様にお願いがあります。ワークシップやイベントに、いつも多くの方がお越しいただき、とても感謝しております。ただできれば「先生」とお呼びいただくのは、ご辞退させていただければと思います。たぶん尊敬や(汗)、どう呼んでいいのかわからないので「先生」とお呼びいただくのかなと思います。そのお気持ちだけで充分ですので、僕は単に写真家であり、それ以上でもなければそれ以下でもありません。そして、基本的にはイベントやワークショップにお越しいただく、皆様と同じ「写真が大好きな人間」なだけです。これにはプロもアマも隔たりや、違いはありません。そしてイベントやワークショップでは同じ時間をシエアして写真を楽しむという立場でいつも、進行しています。心の中ではそう思っています。ですので、どうぞどうぞ先生ではなく「相原」と普通にお呼びいただければありがたいです。たまにうちの近所のおばちゃんやオジサンたちにイベントで「マアチャン」と呼ばれると驚き照れますが(笑) どうぞイベントの際は普通にお呼びください。生意気なお願いで皆様には申し訳ないです。どうぞよろしくお願いいたします




by masabike | 2016-12-13 07:37 | 日本風景 | Comments(0)
<< Train under the... 六義園 紅葉2016 12 >>