Par Avion 写真展 フジフォトギャラリー

f0050534_08365146.jpg




f0050534_08370033.jpg








f0050534_08370094.jpg


昨日、仕事で何度かご一緒させていただいた、空鉄写真で有名な吉永陽一さんの参加している航空写真展拝見に伺いました。今回は合同展でほかにタジマケンイチさん、ナカザワヨウスケさんが展示されています。吉永さんはスピットファイヤを中心としたレシプロ機。他のお二人はジェット戦闘機が中心でした。

吉永さんの空鉄も好きですが、今回は鉄分ゼロ。しかも僕の大好きなスピットファイヤが出ていたので、じっくり拝見しました。FBのバナーの写真がスピットになったので、もしやと思いました。でも一番圧巻だったのは、離陸するB787を、間俯瞰から空撮した作品でした。Nikon D500+Nikkor400mmで、捉えています。離陸する飛行機をゆれるセスナから600mm相当の超望遠で、美しい構図で撮るのは神業です。しばしばオーストラリアで空撮しますが、風景です100mm超えると大変です。やはり空撮の神様たちは白から黒いレンズに移行しているのでしょうか?

あとほかのお二人のジェット戦闘機の作品、まさに空とぶ工芸品のように美しく撮られていました。これらのマシンが戦をしないように祈りたかったです。3者三様とても見応えのある写真展、8月4日までです。自分がブログやFBに出した飛行機写真と比べると、月とスッポン。幼児の絵とピカソぐらいの差を感じました。とても楽しめかつよい勉強になりました。吉永さん、タジマさん、ナカザワさんありがとうございました

最後に吉永さんにツーショットまでお願いしてしまいました。お恥ずかしい限りです。飛んでいるスピットファイヤみたいです





by masabike | 2016-07-30 08:51 | 写真展 | Comments(0)
<< オージーフード&相原作品展示 ... 瞬撮 by FUJIFILM ... >>