家路

f0050534_10461996.jpg
FUJIFILM X-T1+FUJINON23mm


夕暮どき、鳥たちがねぐらに帰る。フィルム時代は感度の問題で、夕暮れに飛翔する鳥が撮れなかった。
デジタルだからこそ撮れるシーン。でもフィルムでしか撮れない世界も存在する。この2つの世界観を使いこなすことが、プロの仕事だと思う。絶対銀塩主義や絶対デジタルの時代は終わったと思う。固定概念を持つことは作家として一番危険な行為だと感じる


by masabike | 2015-12-09 10:49 | 日本風景 | Comments(0)
<< 師走の光 釣り人2 >>