FUJIFILM X series Facebook 9月16日より転載  大地のSpirit


f0050534_08033634.jpg

大地のSpirit

オーストラリア・タスマニア州 マウントフィールド国立公園

FUJIFILM X-T1 Zeiss Touit 50mm Macro

撮影協力 カンタス航空 タスマニア州政府観光局

 タスマニアは北海道の8割ぐらいの島。そしてその1/3は、原始の森に覆われた国立公園と世界遺産になっている。そしてとても雨が多い。南極からの風がタスマニアに豊かな雨をもたらす。だから大きな風景だけではなく、足元にも素晴らしい地衣類に代表される小宇宙が広がっている。

僕が大好きなマウントフィールド国立公園。ここのトレッキングルートはかわいいコケが多い。ダイナミックな風景の足元に繊細な高さ5センチぐらいの巨木?が立っている。撮影の時には2台のX-T1を持っている。1台はFUJINON10~24mmを装着している。そしてもう1台はZeiss MacroTouit50mmを装着している。大きな風景を、広い空などのモチーフを撮影しながら、常に足元の小さな宇宙も探している。常に新しく、異なる多くの視点を探すことが風景写真の作品創りでは大事なことだと思う。

今年は日本の紅葉は当たり年だという情報もある。ダイナミックな全山紅葉も撮りながらFUJINON50mmZeiss Touit50mmで足元の小宇宙を撮ることもお勧めする。組み写真にした時に、小さな宇宙が大きな風景を引き立ててくれる名わき役になることもある。



この記事はface bookご覧いただけない方のためにお届けいたします








by masabike | 2015-10-01 08:04 | 日本風景 | Comments(0)
<< FUJIFILM X seri... 阿波の香り >>