Xシリーズ 2015秋を見てきました

f0050534_07285223.jpg
FUJIFILM X100S

昨日、新宿にある富士フォトギャラリーでXシリーズ 2015秋写真展を見てきました。写真で尊敬する友人の山口さんの作品が入選したので、オリジナルのモノクロプリントが見たかったので行ってきました。多くの作品の中で彼らしさが光っていました。一目で彼の作品と解りました。これはいい悪いとかとは別の視点です。展示されているほかの作品も素晴らしいものが多く、お母さんしか撮れないお子さんの写真や、砂浜にのこるバイクのわだち作品などなど素晴らしい物が目につきました

つまりその人しか、表現できない世界観、それが創作活動には一番大事です。そしてクリエーターにはマストな条件です。よくプロになりたい人にアドバイスすることですが「上手なだけではプロになれない」ということです。上手な写真や綺麗な写真はたくさんあります。ただプロになりコンペになった時、すべての作品は上手な写真です。その中で目立つのはその人でしか撮れない世界観です。名前やタイトルを隠しても、この作品は、たとえば相原のだ!と解ることが大事です。これは写真だけではなく、絵画でも彫刻でもそしてデザインでも同じことだと思います。今世間で話題はデザイナーの佐野さんです。彼の作品が、オリジナルか盗作かは僕はわかりません。ただ多くの彼の作品を拝見すると、彼らしさの流れがないということです。どの作品にも共通する何かがないということです。それはTOPクラスのアーティストになるには致命的なことかもしれません。ぜひ写真を撮る方でプロを希望する方は、ぜひこの自分の世界観を構築してください。これはテクよりも内面世界、哲学を構築することだと思います。
あと今回の作品展、会場で作品撮影はOKでした。ただ通常の作品展ではNGですし、僕の個展でもNGです。著作権が存在する作品展を撮影できてSNSで拡散する、1歩間違うと、とんでもないことになるので各個人で展覧会をするときは充分ご注意ください

追申
山口さんの作品は、個人的にとても好きな世界観で、この作品店の中で上手だったからとかそのような視点でご紹介したわけではありません。ご理解のほどを!








by masabike | 2015-09-03 07:50 | 写真展 | Comments(2)
Commented by HarQ at 2015-09-03 12:39
ご紹介ありがとうございます。
ようやく自分の世界観というものを写真にできるようになってきた気がします。
相原さんの考え方に影響されているところも多く、感謝しきれませんです(汗)
 
Commented by masabike at 2015-09-05 08:08
HarQさんへ
とても素晴らしい世界観だと思います。あまり僕に影響されると危ない人になるかも?笑
<< 朝ごはんは国定忠治? 2015.09.02 FUJI... >>