モノクロの力

f0050534_07430663.jpg
Nikon D800E+Zeiss Otus 55mm/f1.4


11月からのミュゼふくおかの写真展の作品はパノラマの縦が中心となる。そしてもう一つがZeiss Otus55mmで撮影したモノクローム作品。モノクロは色でごまかすことができない。構図、シャッターチャンス、そしてコンセプト。さらにグラデーション。Otus55mmは世界最高峰の標準レンズ。その存在はOnly one.AFも排し、高解像力の再現のみを求めた作品を創るためのレンズ。D800Eの3600万画素のポテンシャルを100%引き出します。今回の写真展、Otusで撮影した作品を巨大に引き伸ばして展示します。しかもプリントはモノクロの匠集団、写真弘社が担当します。数多くの美術館や写真美術館の作品のプリントを制作しています。会場の光を計算した巧みなプリントはホームプリンターでは及ばな。、写真展プロ集団で100% Zeiss OtusとD800Eのポテンシャルを引き出します

撮影協力 カンタス航空 タスマニア州政府観光局 カールツァイスジャパン


by masabike | 2015-08-15 07:54 | 写真展 | Comments(0)
<< やっぱりお寿司 冬のタスマニア >>