北斗星写真展 in 中野トキノン50/1.4 盛況

f0050534_06421724.jpg






f0050534_06421671.jpg

Nikon Df+14~24mm by Hirobumi Suzuki
おととい写真展3日目のトキノン、かなり鉄分の多い撮り鉄の方が集合です。一番奥の柳川氏は鳥類系ですが・・楽しい鉄の会話でした

f0050534_06540123.jpg

今回の北斗星写真展幹事役のN社鈴木さん。写真展は各メーカーさんたくさん参加しています。NikonDfは鈴木さんの愛機です。昨今超高画素イチガンが出回っていますが、アマチュアで楽しむ場合、僕でも普段趣味で撮る場合はさほど高画素は必要ないです。どれだけ楽しく気持ちよく撮れるか、趣味のカメラの大事なポイントです。これはFUJIFILM のX100やXT1と共通する点です。実用機であれば充分ですし、無理ない設計はプリントした際に綺麗なカラーバランスとなります。

D800E仕事で使いますが、不動産広告では看板等で3メートル近く伸ばしたり、写真展でも大型プリントにします。それを見越しての使用です。超高画素カメラを使用するなとは言いませんが、何のためかという目的をしっかり持つ必要があります。スーパーに買い物に行くのにフェラーリやアストンマーチンを買うようなものです。趣味なのでダメとは言いませんが、高画素カメラ買ったら1年に10枚は大型プリントをプロラボで引き伸ばしてください。お家プリンターでは解像できない絵が出ます







by masabike | 2015-08-14 07:04 | 写真展 | Comments(0)
<< 朝の露 富山・高岡 ミュゼふくおか写真... >>