ひんやり マイナス20度の世界 by Nikon D4s

f0050534_07591599.jpg
Nikon D4S Nikkor 300mm

冬の日没後の能取湖。三脚も凍りつく寒さ。夏になるとなぜかこの寒さが恋しくなる
Nikon D4Sを冬場NPSさんからお借りした。プリントにしたときの滑らかな諧調はさすがにNikonのフラッグシップ。そのなめらかな諧調を引き出すためには、プロショップで、プロのプリントスタッフのスキルが必要。最高の機材を使ったら、プリントも最高の機材とスタッフを使わないと引き出せない。僕はいつも写真弘社さんかクリエイトさんに頼んでいる。

そして高画素=いいプリント作品だ出来るとは限らない。一番大事なことは、色と色の繋がり、グラデーションの滑らかさ。だから意外と風景の時、D800EではなくDfを使う機会も多い。D4のセンサーを使うNikon Df、意外とNikonの一番お買い得機種かもしれない





by masabike | 2015-07-18 08:06 | 日本風景 | Comments(0)
<< 朝ごはんはFUJINON90mm? アンペルマンさん >>