日本の風景

f0050534_22241240.jpg

FUJIFILM X-T1+18~135mm

どこにでもある平凡な風景。誰もが見たことある風景。でもその中に日本の風景の神髄があるのかもしれない。日常の中にある平凡な光景を作品として昇華できるかどうかが、実は一番大変で難しく、そしておそれこそが風景写真の極意かもしれない。どこに自分がが感じるか、とても小さなピンポイント。それはヒマラヤの頂から、マリアナ海溝の底に沈む貝殻を見つけるぐらいかもしれない。でも見つめればいつかは見つけることができるかもしれない。心を開き、自由にし、そして解き放てばいつかはその究極の視点が見つかるかもしれない。カメラや技術がどうのこうのと言っている自分にはまだまだ精進が必要だと思う。でもいつかきっと見つけられるはずだ






by masabike | 2015-05-10 22:32 | 日本風景 | Comments(0)
<< びっくり鳥取 砂の美術館 GW日本海ツーリング Day3 >>