FUJINON50~140mm 撮り初め 美ヶ原

f0050534_22524370.jpg














f0050534_22540819.jpg





















f0050534_22540872.jpg



















f0050534_22540724.jpg

FUJIFILM X-T1+FUJINON50~140mm


この2週間NEW FUJINON50~140mmで新作を撮影している。新しいナノコーティングレンズはファインダーを覗いた時にその違いが分かるほどだ。まさにクリアーの極み。遠景のフラットな風景や斜光の風景でも明確なコントラストと切れの良いエッジが得られる。そしてレンズの性能とフィルムシュミレーション&絶妙なWBで風景写真を撮るのには最強の部類の組み合わせの一つになると感じた。

今回は少し重めの995g?、でもこの重さが丁度良いバランスを生み出してくれる。またしっかりした三脚台座は作例ではなく作品を生み出すのにとて必要不可欠なものだ。それとモノクロ時にもきりりと締まった画質は、冬のエッジのある光を見事に再現してくれる。風景、ポートレイト、建築ととても強みを発揮してくれる。耐寒性もUPしている。まだ雨や雪に当たっていなのでわからないが、18~135mmと同等の防塵防滴性を備えているので、熱帯雨林やタスマニアの高原でも問題ないと思う。これから冬の津軽や道東で撮影が楽しみなレンズ。Xシリーズの中で、またお勧めの1本ができ悩みの種が増えた(笑)










30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



by masabike | 2014-11-17 23:05 | 日本風景 | Comments(0)
<< New FUJINON 50~... 第5回相原正明ワークショップ開... >>