秋夜銀河図

f0050534_06510581.jpg
Zeiss25mm


秋の鳥海山の高原。1本の木が宙を支えていた。奥行き感を出すのにちょうどよいところに電柱と電線。風景写真の人が電柱と電線を嫌うが撮影コンセプトによってはプラスに転化できると思うし、転化する見方をしなければならないと思う。
奈良の写真家・山口氏が「何ゆえ風景の人は電線・電柱を嫌う」とぼや記で書いているがその通りだと思う











30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



by masabike | 2014-11-01 06:53 | 日本風景 | Comments(0)
<< 富山弾丸ツーリング?往路 テトラポット >>