北湖遠望図

f0050534_17403602.jpg

Zeiss Otus 85mm +D800E



雲海の名所の津別峠。多くの観光客と、多くの写真家が帰った後に素晴らしい光と雲と霞が待っていた。誰もいない至福の時間だった。

Otus85mm見たものをすべて作品にしてくれる錬金術のようなレンズ。その描写力は大判カメラなみだ





30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!


by masabike | 2014-10-25 17:44 | 日本風景 | Comments(3)
Commented by K.Yamada at 2014-10-26 02:43 x
写真家相原正明さんに質問させてください。

 デジ一眼で、モノクロで仕上げようとする際、私が所属する写真クラブのレベルの高い方は、「最終的にモノクロで仕上げる場合も、カメラ設定はカラーにしなさい(カラー撮影)。その後、ソフトウェアでモノクロ変換しなさい。カラー撮影の方がモノクロ撮影よりも情報量が多いので、モノクロで仕上げる場合、その方が諧調が出る。」と教えてくれました。 
 写真家相原正明さんは、モノクロで仕上げる場合、カメラ設定はどのようにされているか、教えていただけるでしょうか?
→企業秘密でしょうネ。

 「雲海の名所の津別峠」の素晴らしいお写真を拝見し、ふと、質問したいとの誘惑に駆られてしまいました。やっぱり、自分で、試行錯誤して身に着けるものですよね。ご不快であればお許しください。

(この質問の件の書き込み、一旦、削除し、このように改めました。修正したこと、お詫びします。)
Commented by masabike at 2014-10-27 16:59
yamadaさんへ
モノクロを撮影するときは必ずモノクロデーターにセットして撮影してください。RAWでもきちんとモノクロにセットしてください。カラーのからモノクロはあまり良くないです。これはいろいろなメーカーの技術者の方も行っています。ちなみにうちのモノクロはjpegでモノクロRフィルターモードで撮影しています。企業秘密はもっと奥深いところです。
Commented by K.Yamada at 2014-10-28 20:14 x
写真家相原正明さんの誠意のこもったご指導に感謝いたします。
自分でも試行錯誤しながら、勉強を続けます。ありがとうございました。
<< 友、西方より来る 六本木・千成ラーメン >>