自然は芸術家

f0050534_13092360.jpg


FUJIFILM X-T1+10~24mm


鳥海山で朝の撮影も終わり、これで15日間の撮影もすべて終了と思った矢先に、自然の神様が「まだ終わるのは早いよ、もっとお撮り」と素晴らしい雲を演出してくれました。いつも思うことでもあり、何度かブログや写真展、トークショウでも発言しましたが、あくまでも僕は自然の神様から言われてシャッターを押しているだけの語り部です。大自然の神様が想像してくれたものをフィルムやセンサーに焼き付けているだけです。札幌であるクリェーターの方が。風景写真は天候や条件を完璧に計算すれば撮れると話しているのを聞きましたが、それではせいぜい人間ごときの考えの範疇のものしか撮れません。そして100%撮れたとしても100%ではボーダーラインです。計算できないサムシングエルスを大自然から恵んでいただけるか、その時自分のカメラに光の神様が降りてきてくれるかが大事です。計算できるほど自然は甘くなく、かつそんな考えは受け入れてくれないです


今回はモノクロjpegですが、ある内緒の裏技を使いシャドーをしめました。某画像設計の方から教えていただいた内緒の方法です




30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!


by masabike | 2014-10-19 13:18 | 日本風景 | Comments(0)
<< レイドカムロ1986 鳥海山2014 >>