光と影の時間

f0050534_00225849.jpg

FUJIFILM XT1+55~200mm  小清水町


フィルムシュミレーションはモノクロも当然ある。光と影に限定した、色がない世界。色でごまかせない世界。まだまだ詰めるところがたくさんあります、ワークショップで、RAWデータを撮れば後からカラーどちらにでも使えますよと言うのは大きな間違えです

カラーとモノクロは露出のパターンが違います。同じ露出のRAWデーターでは無理です。僕はカラーとモノクロ、RAWデータもしっかり別に撮ります。モノクロの方がより作品性が強いからです

またブログが騒ぎにならないように細かくご説明します
手持ちでぶれない自信がありませんでしたので三脚使用しました
三脚を使用した作品ですがほかに観光客がいなかったので迷惑になっていないで
国有地ですので、私有地に侵入して撮影しておりません
道路から森に出て撮影していないので生体家にはローインパクトです。車で撮影に行っているので何かしらの影響はあります
車は1時間に3台ぐらいしか通らないので交通に支障をきたしていないと思います
XT1電子シャッタープロトタイプで撮りましたので、実際のモデルでの写真と異なることがあります
道路際で撮る時に安全運転に配慮し、蛍光オレンジのオーストラリアでの道路作業で義務図蹴られているベストを着用しております
Rフィルターを使用しコントラストを増幅しておりますので現実とる場合があります
コントラストを調整していますので現実とは異なる場合があります

以上でよろしいでしょうか?


30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



by masabike | 2014-10-15 00:40 | 日本風景 | Comments(4)
Commented at 2014-10-15 06:17
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masabike at 2014-10-15 08:09
カギコメさんへ
今後ともよろしくお願いいたします。コメント心より感謝いたします
Commented by inakichi88 at 2014-10-15 12:49
相原先生、こんにちは。
自然への畏怖を感じるお写真ですね。
私はモノクロ写真の良さを十分には理解できておりませんが、見えない色を想起する他に、時間の観念が曖昧になる、と言うか「超越する」と言うか・・・そんな感覚を覚えます。
写真を撮る技量以上に、写真を鑑賞し、(例え自己満足だろうと)理解しようとする力が、デジタル全盛の今、必要になっているのではないでしょうか。

クリック一つで何でも手に入る世の中、物事の本質を理解することに、昔以上に想像力が必要になっているようです。
件のやり取りを見ていても、字面だけを捉えて論評し、想像力に欠けている方がちらほら・・・
自戒を込めて眺めておりました。

大人の対応をされた先生のお人柄に納得。
Commented by masabike at 2014-10-15 18:21
inakichi88さんへ
モノクロ写真の良しあし観賞は少し厄介かもしれません。色がある世界を色のないので表現するので。ぜひたくさん見ることで眼をならしてください
<< なにもたさないなにもひかない モノクロームの秋 >>