3万人の写真展始まりました

f0050534_07333111.jpg

昨日からミッドタウンの富士フイルムスクエアで「30000人の写真展」が始まりました。今回は審査委員をやらせていただきました。僕の後ろにある作品は、今回の審査で選ばせていただいた10点です。特に10点の中で素晴らしいと思った作品は、姉妹?の方の成長とお雛様を合わせて撮影された作品と家族でお風呂の作品です。そして笑ってしまったのは、昔のFUJIFILMさんのロゴのベンチでうたたねをするお猿さんです。しかもタイトルが「あのころはよかった」です。シニカルな笑いが出てしまいます。でも昨日多くの作品を拝見して思ったのが、下手なプロの先生と呼ばれる写真家やハイアマチュア写真集団作品展よりとても面白く、心がこもり、そして力強さも感じました。プロ並びにハイアマチュアの人たちは撮る楽しさのピュアな心と感動とパッションが足りないあるいは忘れているのではないかと、多くの志井の方々の作品を拝見して感じました。今回33000人の作品があると富士フイルムさんからお聞きしました。まさに33000の作品すべてが入選作と呼んでもよいのではと感じました。僕もこの普通の方々の作品に負けないように頑張りたいと思います。出展されたみなさんおめでとうございます


ちなみに僕の頭の後ろにあるモノクロの作品が、僕の出展作品です。



30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



by masabike | 2014-07-19 07:43 | 写真展 | Comments(0)
<< 週末は肉食系 凛とした朝 >>