釧路湿原アフタヌーン

f0050534_08133912.jpg

FUJIFILM X-T1+55~200mm






f0050534_08134504.jpg
FUJIFILM X-T1  +10~24mm



釧路湿原は写真家にとってとても忙しい撮影場所。超広角から望遠まで様々な画角で作品が撮れる。湿原越しに見えるパルプ工場の煙突と煙が、釧路湿原独特の風景を醸し出している。なんとなくシベリアっぽい。撮影しているとき、後ろを見ると昔の水門に夕日が反射する。すぐさま10~24mmに変更。

1か所で2つの視点。いま10~24mm  18~55mm  55~200mmの3本のズームがあるのでほとんどの日常の風景がカバーできる。X-T1は風景を撮るのに最強のカメラシステムになったかもしれない

そして釧路湿原の魅力は丹頂だけではないのをぜひお楽しみください



極意本はAMAZONでも好評販売中  









新刊本 誰も伝えなかったランドスケープ・フォトの極意



好評発売中 写真集 しずくの国Spirit of Nippon 






ニコンの匠の結晶 Nikon Df








ニコン ニッコールレンズ80周年&800万本キャンペーン 相原正明と行く世界遺産白川郷撮影ツアーはこちらです






Xフォトグラファーズのサイトが更新されました。こちらもご覧ください

Masaaki Aihara Offical HP New!!! HPが新しくなりました




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!











by masabike | 2014-03-27 08:19 | 日本風景 | Comments(0)
<< お疲れの1日でした X-T1テストフィールド・美幌峠 >>