冬晴れ



f0050534_08385264.jpg

FUJIFILM X-T1+10~24mm



f0050534_08385770.jpg
FUJIFILM X-T1+Zeiss macro 50mm


2月の釧路湿原。ここははいつも冷たい強い風が吹く。でもこの日は雪の上に寝転がりたい、暖かな日だった。大きな風景の足元に、小さな宇宙ともいえる風景がある。自然のシグナルをどれだけキャッチするかが風景写真の楽しさであり難しさ。最近ではどこでも携帯がつながってしまう。撮影中の携帯電話は現実に戻される。自分だけの世界に浸るのは日本では難しい。よくスマホにするともっとつながりますよ、とアドバイス受けるが個人的にはこれ以上つながりたくないのでガラケイで充分だと感じています。

足元の小さな世界を撮っていると時間がいくらあっても足りません。




極意本はAMAZONでも好評販売中  









新刊本 誰も伝えなかったランドスケープ・フォトの極意



好評発売中 写真集 しずくの国Spirit of Nippon 






ニコンの匠の結晶 Nikon Df








ニコン ニッコールレンズ80周年&800万本キャンペーン 相原正明と行く世界遺産白川郷撮影ツアーはこちらです






Xフォトグラファーズのサイトが更新されました。こちらもご覧ください

Masaaki Aihara Offical HP New!!! HPが新しくなりました




富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!









by masabike | 2014-03-25 08:45 | 日本風景 | Comments(2)
Commented by usa at 2014-03-25 09:41 x
ツアイスとフジのモノクロームはいいですね。純正はカラーで良さを、ツアイスはモノクロで良さを発揮しますね。
Commented by masabike at 2014-03-26 07:25
usaさんへ
ツァイスはカラーでも独特のブルーを発色しますよ
<< 明日からペンタックスK3展 お気に入りの場所 >>