枯山水


f0050534_7401694.jpg

FUJIFILM X-Pro1 18~55mm


大徳寺に初めて行ったのは高校2年の春休み。徳島の親戚の家に行く途中なぜか京都に行きたくなり立ち寄りました。ちょうど春の特別公開で大徳寺のいくつかの庵が公開になっていました。ちょうど大学受験も迫りつつあり、少し悶々としていました(何せ僕の成績では、希望のところは太陽が西からでないと無理と担任に言われていましたので)

そんな時、枯山水を見ているとお坊さんが見ている人たちに「うちの枯山水はエネルギーのほとばしりを表し、晩年は穏やかな大河か大洋のような状態を表している。でも人の人生は老年になっても若い時のようなエネルギーを持ちつづけている人もいれば、若いのに老人の大洋のようにエネルギーを感じさせない人もいます。ぜひこの枯山水のように齢にあった、生き方をしてみてください」と言われてハッとしました。何となく自分は悶々としているだけで、何も起こそうとしていないのだな、何も覇気がないのだろうなと。何かお坊様に見抜かれた感じがしましたし、またこれが宗教の大切さだろうなと思いました。不安をあおり、信じなさいという宗教やほかの宗教を弾圧することに一生懸命なのが目につきます。やはりどんな宗教でも大事なことは、人の心を幸福にする、心を安らかにすることで、入信させたり寄付を得ることではないのではと感じます。砂漠に行くとあまりに過酷な環境で、明日も無事でいますように、そして今日生かしていただいてありがとうございますと毎日神様に祈りたくなります。この神様は仏様でもキリスト様でもありません。この地球という神様で、たぶんこのようなことが信仰なのではと思います。あくまで宗教ではなく信仰です。人智を超越した何かに祈る。それは都会や普通のやさしい自然の中では難しいことだと思います。何か迷ったら京都や奈良もしくは深山に行くと何かがあるかもしれません





相原正明写真展 Spiritトークショウ等のイベントお申込みお問い合わせはギャラリーアートグラフ
TEL03-3538-6630までお願いいたします


Xフォトグラファーズのサイトが更新されました。こちらもご覧ください

Masaaki Aihara Offical HP New!!! HPが新しくなりました



昨年11月下旬 35000人のなかより選ばれた3名の超ラッキーな方と行ったNikon オーストラリア・タスマニアツアーの模様が、ニコンさんのHPにUPされました。ぜひぜひご覧ください。



X100S日本語サイト


X100S Global English



X100Sの詳しいことはこちらへ

富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください


富士フイルムさんのXシリーズで撮影した作品を集めた、X Photograpaher,sに僕の作品が更に追加となり、X-Pro1冬編X-Pro1春&夏編
by masabike | 2013-06-07 07:40 | 日本風景 | Comments(0)
<< Go West Again 佐野ツーリング >>