あっ写真家が倒れている!

f0050534_1163612.jpg










f0050534_117367.jpg













f0050534_1175354.jpg














f0050534_1181522.jpg


FUJIFILM X-Pro1 60mm Macro


アッ!!写真家が倒れている、奥様が激写したところにいたのは、顔が見えませんが超イケメンフォトグラファーでした(笑)
 実はこれは超ローアングルで川の氷を狙っていたところです。三脚がたてられない高さでしたので、腹這いになり狙いました。カメラアングル特に高さはとても大事です。フォトショップでどんなにレタッチしてもアングル特に高さは変えられません。デジタルになってから撮る前の狙いがおろそかになっている人が多いです。昨年末、ニコンさんのキャプチャーNXの講習会に生徒として参加しました。そのとき講師の先生が「レタッチ前とレタッチ後の写真を比べてレタッチしたとわかる写真は失敗です」と言っていたのが印象的でした。プロのカメラマンでもこのことに気が付かない忘れている人が多いというか多すぎる感じがします(ただしコンテンポラリーアートやファインアートの作品であくまで加工することにより作り上げるものは別です。撮維持はあくまで素材を手に入れただけという考えなので) でもさすがプロの方の講習会はよくわかりました。目からうろこです

日光の戦場ヶ原、雪のフィールドは無限の撮影スタジオです。行き倒れのカメラマンのさつえいは奥様+X-F1です


追伸
先日定期健康診断で、血糖値、タンパク、肝機能すべてパーフェクトで血圧も105~70でした。この健康状態を維持して生き倒れにならないようにしたいです






a href="http://aiharap.exblog.jp/18339848/" target="_blank">冬の撮影ワークショップ1月30日開催

CP+2月2日 ニコンスライドトークショウ 


CP+富士フイルム スライドトークショウ


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね




応援クリックお願いいたします!






X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください




富士フイルムさんのXシリーズで撮影した作品を集めた、X Photograpaher,sに僕の作品が更に追加となり、X-Pro1冬編X-Pro1春&夏編



バージョンUPした、X-S1のサイトは8ヶ国語で見られますX-S1スペシャルサイトタスマニアぜひご覧ください



This is X-S1 Tasmania Special Sight
by masabike | 2013-01-16 11:12 | 日本風景 | Comments(6)
Commented by nakky85 at 2013-01-16 12:35
本当に行き倒れたのか、「入水自殺寸前」かと思ってしまいましたorz

確かにアングルはあとから変えられないですよね。
ただ、デジタルになってファインダーを覗かなくても撮れる構造のカメラが出てきて、ものすごくアングルに関してフリーになった気がします。

液晶画面見て撮れるカメラは、アイレベルだけで撮るのは勿体ないように思います。
Commented by Matsumoto at 2013-01-16 22:52 x
僕も素人ですが、ファインダーに集中し一枚一枚の写真を大切にしたいと思っています。
レタッチやフィルターが悪いとは言いませんが、僕自身はありのままの絵を大切にしたいと思っています。
このブログは何にも勝る写真の教科書だと日々思っています。

行き倒れのイケメンフォトグラファーの笑顔もっと見せて下さいね(^_-)
Commented at 2013-01-17 19:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masabike at 2013-01-17 22:25
nakky85さんへ
デジタルになってアングルの自由度はかなり増えましたね
Commented by masabike at 2013-01-17 22:26
Matsumotoさんへ
教科書ですか、ありがたいですが少し偏りのある教科書です
Commented by masabike at 2013-01-17 22:27
カギコメサンへ
試してみます
<< 冬はアーティスト 写真展「PHOTOGRAPHY... >>