根室半島

f0050534_11104232.jpg


FUJIFILM x-Pro1 18mm

日本の東端までやって来ました。ここにも短いけど強くさわやかな夏が来ていました。さすがに昨日は車のエアコンを入れてしまいました。でも根室の夏、空気感が外国みたいでした。タスマニアの夏に似ていました。

昨日は根室半島の春国岱に行く予定でした。でも現地に着くと7月16日~8月31日まで、現地入口の橋の架け替えで車も人も入れません。ショックでした。屈斜路湖から片道150キロお昼ご飯を食べに根室に来たみたいです。
でもどうしてこの観光シーズンにこんなあほな工事をするのでしょう?北海道は観光客欲しいのに!!地元の民宿のおじさんも怒っていました。土木課と観光課が全くリンクしていないです。根室市の行政はどうなっているのでしょう?完全に縦割り行政です。地元の観光業者さんは必至で夏のシーズン頑張っているのにかわいそすぎます。
こうして観光客は、海外か沖縄に移っていくのですね・・・


ニコンレンズキャンペーン相原正明と行くオーストラリア撮影ツアー


応援クリックお願いいたします











X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください

バージョンUPした、X-S1のサイトは8ヶ国語で見られますX-S1スペシャルサイトタスマニアぜひご覧ください



This is X-S1 Tasmania Special Sight
by masabike | 2012-08-01 11:18 | 日本風景 | Comments(0)
<< 小樽の夏の1日 旅のお供はメタバリア? >>