能取岬 

f0050534_813871.jpg















f0050534_8133480.jpg


FUJIFILM X-Pro1 35mm

オホーツクの思い雲が、胡坐をかいている北の海。その重苦しさは、逆に北海道を象徴する風景。曇ったり雨がふったりすると撮影に行かない風景カメラマンが多いですが、それはイメージの貧困さを表しているのではないでしょうか?晴れている写真ばかりでしたら写真展の際にストーリが組み立てられないです。にっこり笑っている美女の写真だけ30枚写真展で見せられたら飽きてしまいます。地球のポートレイトのコンセプトで撮影しているので、どうしても泣き顔、怒った顔が必要ですし、その笑顔ではないところに本来の姿がある場合があると思います


応援クリックお願いいたします



今度の週末は福島・会津若松でXシリーズセミナーです。皆様のお越しをお待ちしております。


X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください

バージョンUPした、X-S1のサイトは8ヶ国語で見られますX-S1スペシャルサイトタスマニアぜひご覧ください



This is X-S1 Tasmania Special Sight
by masabike | 2012-06-26 08:18 | 日本風景 | Comments(0)
<< まったり四国 久しぶりの休日 >>