鎌倉 円覚寺

f0050534_8403273.jpg















f0050534_8404123.jpg















f0050534_8404993.jpg













f0050534_840572.jpg














f0050534_841879.jpg














f0050534_8422348.jpg














f0050534_8424162.jpg














f0050534_842561.jpg















f0050534_843997.jpg















f0050534_843186.jpg



FUJIFILM X-Pro1 18mm 35mm 60mm jpeg

 土曜日ワークショップ参加者の皆様ご苦労様お疲れ様でした。楽しんでいただけましたでしょうか?
いろいろなフォトグラファーがいろいろなワークショップをしています。それぞれ特色があります。僕の場合どうかというと次のようにしています

1)まず楽しく撮る。楽しくないとアイデアも写欲も湧きません
2)光と時間とカメラと遊ぶ 

この2つがとても大事です。写真は写心です。こころが難しくなってはよい作品が撮れません。楽しく撮ったとき、良い作品が撮れます。その結果撮影データーを検証するということも出てきます。データーが先ではないです。
3)そして基本に忠実にとること
レタッチや奇策に頼るといつか飽きが来てしまいます。多くの名作の写真は基本どおりに撮っていることが多いです

4)構図の大事さと着眼点

足元や、通り過ぎた自分の後ろの風景、高いところ低いところの目線の高さなどです。

そして1~4のことを誰にでもわかるように、たとえば小学生にでもわかるように説明することです。難しく説明しているフォトグラファーもいますが、難しい言葉に酔っているいる人も多いです。
ぜひ皆さんまたご参加ください

奥様も皆様によろしくと申しております笑








X100ワイコンはこちらへ




応援クリックお願いいたします



相原正明 カカドゥ撮影ツアーのお知らせ





X-Pro1  18mm  35mm作品に僕の作品がUPされています。ぜひご覧ください

バージョンUPした、X-S1のサイトは8ヶ国語で見られますX-S1スペシャルサイトタスマニアぜひご覧ください



This is X-S1 Tasmania Special Sight
by masabike | 2012-05-28 08:52 | 日本風景 | Comments(0)
<< 九品仏で奥様と熱い夜 韓国スン... うらやましい修学旅行 183系 >>