凍樹3

f0050534_7454398.jpg



FUJIFILM X-Pro1 18mm


まだ満天の星が輝く時間に起きて、くらい中 山の中に立ち、木々たちとともに夜明けを向かえる。同じ空気を同じ光を共有することによって撮影が終わると友達になった気持ちになる。よい作品を撮る秘訣はただひとつ、そこに同化すること。昔つりの名人に、どうしたら上手に釣れるのですかと聞いたら、「お魚の気持ちになること」と言っていました。

でもこんなに大変な思いをして撮影していても、時々なんで撮影しているのかな?と考えてしまいます。よくよく考えると、フィルムは銀塩粒子の化学変化の模様、デジタルは撮像素子の電気信号の模様。そんな模様のために人生時間とエネルギーをかけているのかと思うと、自分は不思議な人なのかなと悩んでしまいます(笑)





バージョンUPした、X-S1のサイトは8ヶ国語で見られますX-S1スペシャルサイトタスマニアぜひご覧ください



This is X-S1 Tasmania Special Sight


3月29日チャリティースライドトークショウ





不思議な人 応援クリックお願いいたします

by masabike | 2012-03-17 07:51 | 日本風景 | Comments(0)
<< けあらし 凍樹 美幌峠 >>