散歩

f0050534_12234499.jpg












f0050534_12461728.jpg














f0050534_1246279.jpg














f0050534_1246383.jpg











f0050534_12465067.jpg












f0050534_1247199.jpg


FUJIFILM X-S1  624mm 相当  ISO400



30年ぶり丹頂鶴を撮影したということは、2月のブログにも書いたが、この30年間の技術の革新を今回の丹頂鶴の撮影で感じた。今回は撮影はFUJIFILM X-S1、24~624mmのスーパーズームレンズのデジタルカメラ。デジイチではなく、かといってコンデジでもない新種の進化系変種デジタルカメラ。でもこれが恐ろしいことに、連写機能がついている、しかもRAWデーターで。秒間5~6コマ。昔のフィルム時代のモータードライブよりも早い。昔といっても高々7~8年前。

 1979~1980年に丹頂鶴を撮影に来たときはNikon F2フォトミック+レフレックス ニッコール 500mm f8、フィルムは今や風前の灯になってしまった、当時のKing, Kodak Tri X。レンズの500mmレフレックスは絞りはf8に固定で変えられないのでシャッタースピードで露出をコントロールする。でもめんどくさい分、軽いのと安かった。中古で大学生でもバイトすれば帰る金額だった。通常の500mmは今でいえば外車を買うぐらいの金額。まさかその当時に、フィルムがなくなり、わずか1キロぐらいのカメラで24mm~624mm迄のズームがついて、しかもISO3200とか6400が撮れるなんて夢みたいな話だ。まさに空想科学映画の世界。ウルトラマンの科学特捜隊ぐらいしか当時はもっていなかったかもしれない。

しかも今月になると、ニコンよりD4&D800というさらに信じられないカメラが出てくる。技術は進化している。でも丹頂鶴を撮影しているおじさんたちを見ていると、技術ほど進化というか、個性化していない気がした。これからはより機材が進化して、絵心と感性があればプロカメラマン以上のアマチュアが出てくる。フォトショップだけが頼り、みんなが持っていない機材だけが頼り、自分の師匠の人脈だけが頼りのフォトグラファーは生き残りが難しくなる。技術以上に感性、独自の世界観、撮影コンセプト、ビジネスセンス、そしてオンリーワンを目指すフォトグラファーでないと生きていけない。もちろん基礎的な技術もきちんと押さえての話だけど。有名なMASH BOSSこと伏見さんも「これからのフォトグラファーよ、腕を磨いておけ」と書かれていましたが、その通りだと思います。どう逆立ちしても、どんな高い機材を使っても素人には撮れない写真を撮るフォトグラファーだけが生き残ると感じます。

あと10年したら、オリンピックやワールドカップの報道席がコンデジで埋まり、いやもしかしたらもうフォトグラファーというのは絶滅危惧種の商売で、ユネスコのレッドブックに出ていて、昔写真家なんていう商売があったらしいよ、となっていて、大勢の観客が一般席から20mm~2000mmで秒間30コマ、ISO20万しかも自分の目の視点とリンクしているなんていうデジカメで撮影して、そのばでYou tixyu-buで世界同時瞬時配信で、新聞やテレビは滅びている時代が来ているのかもしれません。その反動でアマチュアでは日光写真が流行っていたりして(笑)


3月29日チャリティースライドトークショウ

X-S1スペシャルサイトタスマニアガはじまりました!!ぜひご覧ください

This is X-S1 Tasmania Special Sight



応援クリックお願いいたします

by masabike | 2012-03-08 12:51 | 日本風景 | Comments(2)
Commented by kumimone at 2012-03-08 23:19 x
そんなに有り得ない話でも無く感じてしまい、怖いような、楽しみなような。
また、色々機材を買っている私には耳が痛い部分も有りまし(笑)。
アマチュアの趣味ですから、色々試す楽しみもありますが、目標は他人が撮らないような写真を撮りたいので、もっと腕も感性もレベルアップしたいです。
ところで、カメラが軽く、操作も簡単になり、素晴らしい感性の女性フォトグラファーが増えましたね。
Commented by masabike at 2012-03-09 08:07
kumimoneさんへ
現実はもっと凄いことになるかもしれません
<< 凍えるとき  ワープ2 >>