奥入瀬夜曲

f0050534_8511185.jpg


Nikon D3X  Nikkor24mm-G  ISO1600

夜の滝は不思議な時間を感じる、月の光を受けて生命のエッセンスが水から飛び立っている感じがする。今回、青森の撮影では不思議なことが何回かあった。雲が厚く、夜の撮影は無理とあきらめて眠りについた、朝3:50,2:30,1:50と3夜にわたって夜中に目が覚めた。そのとき空を見ると月がこうこうと輝いている。まさに「おきて撮りなさい!」といわれているみたいだった。そして撮影が充分だなと思うと雲や霧が出て見えなくなってしまう。オーストラリアでもよくあった。僕は寝ると起きないほうです(昔、家にタクシーが飛び込んだときも僕だけ朝まで寝ていました)  でも今回はまさに起こされた感じです。目が覚めるというのは、さめて何かが起きるという風に、撮影中は考えます。今まで日本の撮影ではあまりなかったことですが、だんだん自分が日本の森や自然の木霊たちとシンクロしてきたのかなと感じます


応援クリックお願いいたします

by masabike | 2011-11-15 08:42 | 日本風景 | Comments(2)
Commented by bashlinx at 2011-11-16 08:19
素晴らしいですね プリントで見てみたいです^^
Commented by masabike at 2011-11-17 07:32
bashlinxさんへ
あと2年はお待ちください!写真展でお見せします
<< 仕事の後は二葉寿司 十和田湖 ムーンパワー >>