笹色の水 四万十川

f0050534_943115.jpg







f0050534_9431278.jpg


Nikon D700 Nikkor 14~24mm 28~70mm


もう南四国は梅雨が空けたみたいです。四万十の水も夏の色になってきました。撮影中、地元で新聞社のサテライト記者の方とお話をする機会がありました。ずっと四万十を撮られているそうです。昔、四万十川で木材を運搬するためのいかだが盛んだったころ、船頭さんたちは水の色が「笹色になったら、いかだを流す季節」と話していたそうです。この独特の水の色に「笹色」凄くすばらしい響きです。日本語のすばらしさ、地元文化のすばらしさを感じます。そして季節と自然と融合していた日本人の文化の凄さにも感激しました


先日UPした、島みたいな写真も四万十川です。今回、自分の作品としては四万十の名物沈下橋を入れないで、四万十川を撮りたかったです。意外と地元の人は、地元過ぎて多角的にみていない場合があります。やはりよそから来ると、隣の芝生はよく見えるのです。

コメントで、地元のアマチュアのかたから、「エ~~こんなところあったんだ」と言うご意見も寄せられました。やはり大事なことは、何で撮るか、とかフォトショップのレタッチではなく、何を見ているか、何を感じているか、そして何を撮るかです。 カプチさんいかがですか?(笑)


X100&GF670札幌ワークショップ夏の北海道を撮影します

X100&GF670ワークショップ in 青森 思い切り撮らせます!ご参加お待ちしております


GF670秋田ワークショップ申し込み受付中です
お待ちしています。秋田美人の皆さん是非来てくださいね!!元秋田美人でもOKです(笑)


節電の夏は涼しいオーストラリアへカンタス航空さんの避暑キャンペーンです

やっぱり四国応援クリックお願いいたします


by masabike | 2011-07-02 09:56 | 日本風景 | Comments(2)
Commented by Capucci-mm at 2011-07-02 13:08
ありがとうございますm(_ _)m
Commented by masabike at 2011-07-03 09:12
カプチさんへ
いえいえとんでもない、出すぎたまねをしましてすいません
<< 紫陽花街道 日本の原風景 四国 2 >>