坂田 本間邸のお庭

f0050534_12115945.jpg






f0050534_1212616.jpg







f0050534_12121684.jpg








f0050534_12122721.jpg








f0050534_12123790.jpg








f0050534_1212477.jpg


FUJIFILM X100

酒田の豪商本間家のお庭。家もお庭も質素だけど財力のゆとりを感じられる。そして教養の高さも。この庭を無心で眺めて自分の内面と向き合ったとき、心のなかに新しい局面が見つけられる気がする。無心になることの大事さをここにお庭から感じ取った

サッカー、サムライジャパンのキャプテン 長谷部選手は「寝る前に30分間ボーっと過すことによりいろいろなものが見えてきた。落ち着きが出てきた」といっていた。ブログに、ネットに、フェイスブックに、ツイッター、いつもいつでもどこでもみんなと繋がっていないと不安になる、いつも情報の垂れ流しを受けていないと落ち着かなくなる。いったいいつ自分の内面と向き合うのだろう、いったいどうやって自分の心を観察し整理するのだろう。僕は少し恵まれていて、ときどき荒野の中ですべての情報から途絶され、自分と向き合える。でも自分と向き合えるときいい自分のいやな自分もすべて見えてくる。そしてすべての自分からは逃れることができない。自分に極限の状況ではうそがつけない。怖いときには「怖いよ!」と心の中で叫ぶことの大事さも知らされる


明後日から再びタスマニアの荒野に自分と向き合いに帰ってきます





6月3日より6月16日まで福岡富士フイルムフォトサロンにて個展Short Black &Flat white開催。
冨士フイルムフォトサロン福岡HP

福岡スライドトークショウのご案内

6月11日相原正明フォトエントランスGF670スクール

日本の風景応援クリックお願いいたします


by masabike | 2011-05-07 12:21 | 日本風景 | Comments(0)
<< 鳥海山グルメ 春を待つ心 >>