The Wilderness Gallery個展 木霊 日本の光 2

f0050534_14542545.jpg


PENTAX 645 120mm FUJIFILM velvia

最果ての桜
富良野 北海道

日本の南から始まった桜の開花が北の果て北海道に到達するのに3ヶ月かかる。その季節のうつろいがまさに日本の文化を育ててくれる。それはアートだけではなく食文化も同じ。だから日本の各地方を旅するといろいろな地元の美味しいご飯がたくさんある。特に北海道は食べ物が美味しい。カキにサーモンにジンギスカン、そして地ビール。撮影が終わったら今日の夕飯は何かなと思うとよだれが出て来てしまう。おかげで僕のブログは風景の作品よりもお寿司や美味しい日本酒の写真ばかりになってしまう。


Farthest Sakura
Furano
Hokkaido, Japan

The Sakura blossoming starts from the south. It takes about 3 months to reach the furthest north of Hokkaido. I think that the Japanese culture is being nurtured by the change of season. It is not only art but the culinary culture as well that is being influenced. If you travel Japan, you would notice that there are countless varieties of regional foods. Hokkaido is particularly great for food. It is famous for oysters, salmon, Genghis Khan BBQ, the Mongolian style BBQ, and micro breweries. I often think about what to eat for dinner during the photo-shooting. So, if you check my Blog (http://aiharap.exblog.jp/), you will see more photos of food such as Sushi & Sake than landscape pictures.



f0050534_14553992.jpg


PENTAX 645 200mm FUJIFILM Velvia50


朝霧 
八幡平 秋田県

秋になると山は一気に冷え込む。そんなときに温泉が一番。日本の東北にはとてもいい温泉がたくさんある。撮影のあとそんな温泉の露天風呂にはいりビールを飲んでいると最高だと思う。でも秋田は日本でトップクラスに方言が難しい。この日も温泉で地元の人と標準語の会話が通じず、思わず「英語できますか?」と聞いてみたくなった。辞書が無い分、英語より秋田弁のほうが難しい



Morning mist
Hachimmantai
Akita Prefecture, Japan

As soon as autumn arrives, it gets cold [in Akita]. An Onsen (hot spring spa) is perfect in that weather. Northern Japan is full of Onsen spas. I like an open air Onsen. I think there is nothing better than sitting in the open air Onsen after a long day of photo-shooting. The Akita dialect is one of most difficult dialects to understand. On that day, I had a conversation with the locals in standard Japanese. It still wasn’t easy to understand. I nearly asked if they can speak English. I thought it would be easier to use a neutral language. The Akita dialect is difficult. I should look for Japanese – Akita dictionary.


写真展を開催したウィルダネスギャラリーはオーストラリア最大の写真ギャラリー。世界ランクでも2番目に大きい民間の写真ギャラリー(一番はヨセミテのアンセルアダムスギャラリー) オーストラリア・南極を中心に風景写真を中心に展示しています。巨大なギャラリーですがここで写真展をやるための条件はただ一つだけコンセプトがしっかりしたよい写真であること。国籍人種は問いません。ほかの大陸の写真でも内容によってはOKです。ぜひぜひ日本の風景フォトグラファーの人たちもプレゼンしてください。もちろん経歴も問いません。何とか先生の門下とか、どこどこ写真学校出ましたとかは通用しません。ただしっかりした写真であること。もちろんプレゼンテーションは英語です

僕のほかにも多くのフォトグラファーがここでは個展を開催しています。ご興味のある方是非The Wildeness GalleryのHPからコンタクトしてみてください。日本でうじうじしていてもはじまりません、ぜひ海の外に攻めに行ってください!!(以前もブログにこう書きましたが日本のプロのフォトグラファー誰も反応なかったので寂しいです)

相原正明 タスマニア撮影ツアーも募集しています。ぜひ説明会お越しください

1月20日27日プレゼンテーションテクニックワークショップも募集しております。技術だけではフォトグラファーになれません。写真がうまいだけではフォトグラファーになれません。売り込むためのワークショップです

写真展協力
タスマニア州政府観光局 オーストラリア政府観光局 カンタス航空
フジフイルム・オーストラリア  CPLデジタルサービス The Wildeness Gallery



写真展応援クリックお願いいたします

by masabike | 2011-01-06 15:06 | 写真展 | Comments(4)
Commented by HarQ at 2011-01-06 17:36 x
コンタクトをとってみたい気持ちはあるんですが、やはり英語力に不安を感じてしまいます。(写真は自信あるのか?と突っ込まれそうですが・苦笑)
Commented by masabike at 2011-01-07 07:45
HarQさんへ
応援します!!
Commented at 2011-01-07 22:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by masabike at 2011-01-08 07:44
カギコメ2209さんへ
ご指摘ありがとうございます
<< タスマニアデビル 1 The Wilderness ... >>