The Wilderness Gallery写真展 木霊より日本の光2

f0050534_950284.jpg


PENTAX 645  400mm  FUJIFILM Velvia50

小春日和
青木湖 長野県

4月になると日本列島は桜の季節。日本人が一番好きな花といわれれば、多くの人が迷わず「桜」をあげるとおおもう。桜の木には桜の精がすむといわれ、春とともに人を惑わすともいう。そいえば桜の花見の時期、普段静かな人でもお酒を飲んで桜の木下で歌ったり踊ったりの宴会になる。僕の友達も急に4月に結婚したのがいる。彼曰く「桜の花見で知り合って結婚しました」といっていた。やはり桜の精は、人を惑わすのだと実感した



Warm Spring Afternoon
Lake Aoki
Nagano Prefecture, Japan

April is the Sakura (cherry blossom) season in Japan. Undoubtedly, “the Sakura” would be the most loved flower by Japanese. It is said that the Sakura trees have their spirit living inside. They allure and confuse people in the spring weather. During the Hanami (Sakura viewing) season, even people who are very private and reserved would sing and dance with assistance of some Sake, the Japanese rice wine and party on. A friend of mine (who is single) tends to develop a sudden urge/desire for marriage in April every year. According to him, he thinks it is so romantic to say “Yes, I met my wife at the Sakura viewing part”. When I heard this, I knew that the Sakura has the alluring effects and make people behave out of ordinary.







f0050534_9513886.jpg


PENTAX645  400mm  FUJIFILM Velvia50

春爛漫 
大宇陀(おおうだ)奈良県

春になると日本のフォトグラファーは忙しい、風景のフォトグラファーは日本列島を南から北に桜や梅の花を追いかけて北上する。まさにミツバチみたいに花とともに生活することになる。そしてポートレイトに写真家たちは桜や梅をバックにファッション写真を撮る。以前富士フイルムさんの営業の人が花の季節になるとフィルムとプリントの売り上げがUPすると言われていた。きっとタスマニアに大量に桜や梅が咲いたら日本の写真家が押し寄せるにちがいない。


写真展協力
タスマニア州政府観光局 オーストラリア政府観光局 カンタス航空
フジフイルム・オーストラリア  CPLデジタルサービス The Wildeness Gallery



写真展応援クリックお願いいたします

by masabike | 2011-01-05 09:52 | 写真展 | Comments(0)
<< The Wilderness ... 相原正明 秋のタスマニア撮影ツ... >>