みちのくにも春のささやき

f0050534_16255681.jpg









f0050534_16261344.jpg


黒石から十和田湖を廻って、八幡平そして東北縦貫経由で仙台に行こうと思いましたが、季節はずれの大雪で八幡平アスピーテラインは通行止め。そこでコースを変えて、鹿角から山を越えて田沢湖、小岩井経由で盛岡より仙台に向かいました

まだ途中は雪深かったですが、水芭蕉やふきのとうが顔を出し、やっと春の気配が感じられました。

装春の気配といえば、これから冬になる南半球から渡り鳥フォトグラファーが二人、日本に来襲するらしいです。一人はサッカー&ラテンフォトグラファーのブラジルさん。もう一人はご存知、タスマニアの細菌フォトグラファーこと、ミーアキャットマナブサンです。来襲たのしみですが、マナブサンは日本行きと間違えて、ウラジオストク、とかアンカレッジに行きそうで心配です。

空港で迷っているマナブサンを見たら保護してあげてください(笑)それと僕はブラジルさんからレッドカードをもらうのが怖いです。長年の恨みを買っているみたいで(爆)


by masabike | 2010-05-07 16:34 | 日本風景 | Comments(2)
Commented by * H 1000 SP-Ⅰ* at 2010-05-07 19:06 x
水芭蕉 を 見に 行ってみたいですね。。。
Commented by masabike at 2010-05-09 23:28
H1000SPさんへ
東北道かっとびで行って下さい
<< 旅の〆は仙台こよい寿司 草食系男子へ >>