フライングターイガー

f0050534_1356177.jpg



f0050534_13563544.jpg








f0050534_135792.jpg









f0050534_13573741.jpg










f0050534_1358284.jpg


Nikon D700 FUJIFILM S5pro Nikor14~24mm 28~70mm

今回の南オーストラリアの旅の一番の目玉は、レークエアー空撮。人口8人のウイリアムクリークから飛び立ち約1時間の撮影フライト。レークエアーはあまりにも巨大な湖。スケール間は空からではないと出ない。


飛び立つと周りは見渡す限りのシンプゾンデザート。ここは火星かと思うような真っ赤な大地が広がる。まさにそこは人類の生存を拒むアウトバックが広がっている。

そして空撮は何が一番大事かというとパイロット。今回のパイロットはなんと驚くなかれ、マナブッチごひいきの、アリソン似のきれいなお姉さん。砂漠の小さな航空運送会社の掘っ立て小屋に行き「空撮をしたいのだけど」とたずねると。フライトジャケットを羽織った彼女がいた。今までの空撮の経験や、どんな絵がとりたいのかいろいろ質問された。最後に「ところでパイロットの人と話がしたいというと」「I,m pilot」と言われのけぞってしまった。そういえば以前バングルバングルでヘリフライとした一番上手なのも女性のパイロットだった。
彼女は普段、ブリズベンで観光パイロットをしているが、6ヶ月だけ砂漠の辺境でのフライトの仕事をしているという。今年で2シーズン目、来年もするという。「ここではわずらわしいこともないし、とてもすばらしい時間が流れていて、毎日大地と空を飛びまわれる。パイロットとして最高よ、寂しくなんかないわ」といっていた。

フライト前、翼に上り機体整備をしているとき、フライとジャケットとシャツがめくれ、背中が出ていた、そこで見たのはなんと「トラの刺青」ちょうどおの割れ目の上から腰にかけて両手サイズのトラがこちらに向かってほえている刺青があった。これを見たらどんな男性でもベッドから逃げてしまうかもしれない。まさに空を飛ぶフライングタイガーレディー。つわものです。でもフライトテクニックも最高でした!!

フライングタイガーレディー応援クリックお願いいたします



by masabike | 2009-12-21 14:00 | アウトバック | Comments(6)
Commented by ankou-d700 at 2009-12-21 21:46
日本では絶対に見れない風景ですね~、凄いの一言です!

で、あの、その、トラの刺青の写真は無いのですか?(笑)
Commented by masabike at 2009-12-21 23:13
あんこうさんへ
そんなもん撮ったらかみ殺されます
Commented by somashiona at 2009-12-22 09:36
次回その飛行機に乗ったときは「ホバート空港までお願い」といってください。空港までお迎えにあがります。
Commented by burg at 2009-12-22 10:08 x
マナブッチが食いついたらトラに噛み殺されればいいと思いますー(爆)
Commented by masabike at 2009-12-23 11:42
マナブサンヘ
日にち間違えないで着てくださいね(笑)
Commented by masabike at 2009-12-23 11:43
burgさんへ
決定的習慣が撮れたらブログにUPします
<< 名古屋 &仙台 富士フイルムフ... 御堂筋でおまちしております >>