SONYがはじまり

f0050534_12512460.jpg

FUJIFILM X30


 上の写真は 初期のころのソニー サイバーショット 2001~2002ぐらいのモデルです。実はこれが僕の最初のデジカメでした。ニコンでもペンタックスでもなく、なんとSONYでした。当時僕のメイン機は Nikon F3P&PENTAX645 with FUJIFILM Velvia50 &Provia100Fデジタルなんて使うわけないでしょ?という感じでした


ある日、SONYさんよりコンタクトがあり、オーストラリアの旅日記をSONYのwebにUPしてもらいたい。ということでメインの撮影の間に撮影旅日記をSONYでとりました、東寺は125MBのメモリースティツク (メディアです) 一コマ300KBぐらいです。オーストラリアの砂漠やタスマニアの原生林をこのカメラを持って旅しました

S社のご担当Iさんは、わざわざ砂漠まで撮影同行に来られました。4WDで河を渡っていたら、ワニが出てきたり、砂漠を走っていたらカンガルーの群れが飛び出して、引いてしまい、仏さんにしてしまうアクシデントもあり、彼曰く「毎日がインディージョーンズ」と言っていました。webにUPするとき当時、サンプルでPENTAX67+velviaで撮影した作品を渡しました。それを見たSONYのエンジニアは「フィルムってこんなにきれいで質感あるの!奇跡が起きてもこれはしのげないよ」と言っていました


時代は移り、僕もFUJIやNikon LUMIXを使う用になりました。でもいまだにフィルムもしっかり使用しています。先日は久しぶりにSONYさんのユーザーサイト拝見しましたが、サイバーショットもここまで進化したのかという気持ちでした。昔のサイバーは動いている犬を撮影したら、シャッタータイムラグで、犬の顔が半分しか写っていないとかよくありました。でもこの2001~2000にサイバーショットを使った経験がXシリーズのアドバイザーをやらせていただく時に大きく役立ちました。世の中何が転機になるかわかりません。もしサイバーショット使っていなければ、いまだにデジタル使っていなかったかもしれません

f0050534_13052073.jpg







f0050534_13052079.jpg









f0050534_13052024.jpg


ソニーサイバーショット 僕の写っているカットは今は先生になってしまった、元アシスタントの山下君撮影です



# by masabike | 2017-08-22 13:08 | カメラ | Comments(0)

テーブルの午後 信楽

f0050534_08345067.jpg
FUJIFILM X-Pro2+Zeiss Touit2.8/50M


気持ちが高ぶっていると、テーブルの上のシロップとミルクでも撮るのが楽しくなる。被写体と心の関係が良ければ写心はどこでも撮れる
テクニックやスペックは関係ない




# by masabike | 2017-08-22 08:37 | | Comments(0)

淡い世界 脱ドンキ系 

f0050534_18412055.jpg










f0050534_18412077.jpg













f0050534_18412103.jpg













f0050534_18412115.jpg

LUMIX GH5+LEICA 15mm 25mm Lモノクロームモード


LUMIX GX7MKⅡ+LEICA15mm 25mm Lモノクローム 

スマホの普及、インスタグラムの拡散でなぜか、「派手な写真、彩度の高い写真=いい作品」的な風潮が広がっていいるのが最近こわいです。ただじっくり狙った作品、飾っていて飽きない作品はいがいとモノクロームや淡い色調が多いです。目立つ作品ではなく、心にしみる作品 良いモノクロームで撮りたいです。LUMIXシリーズのLモノクロームや XシリーズのACROSやASTIA、これらを使いこなすことにより、目立つ作品から心に染み入る作品になると思います。単に目立つ作品は、目立てばよいと言うのが見え見えで、何か流行だけみたいな気がします。いわばドンキホーテの店頭商品、ドンキ系とでも言いたくなります。じっくりモノクロームやモノトーンを使いこなし撮影する。フィルムからデジになり、トーンのバリエーションも広がりました。そして今モノクロームも充実してきました。ぜひあなたもドンキ系から本物系へステップアップしてください







f0050534_18424005.jpg









f0050534_18423902.jpg





f0050534_18431283.jpg













f0050534_18431269.jpg


FUJIFILM X-E2 X-T2 FUJINON18~55mm 16~55mm
ASTIA &ACROS ぜひとも脱ドンキ系で、じっくりしっとりの作品を!!



f0050534_18402262.jpg











f0050534_18472429.jpg









f0050534_18472324.jpg


Nikon D810A+Otus28mm 55mm


ニコンのモノクロームは超冷黒調 LUMIXともFUJIとも違う。どれが良いかではなく、どれが自分の表現方法にあうか?どれがコンセプトにうかを判断して使うことをお勧めします。しっかりしたコンセプトがあれば、脱ドンキ系は可能です。


いくらインスタグラムが流行っていても、美術館が収蔵している写真作品はモノクロが圧倒的に多いです。それは濃くと言うか深みのある諧調が素晴らしいのと、いまだにカラー写真は 絵具や染料の絵画の世界の色彩にはまだ及ばないからともキュレーターの間では言われています


現にいまだにアンセルアダムスやルシーフのモノクロームの作品は高価でありかつ人気です。それは見ていて飽きない、人を引きつける、心に染み入るからだと思います。デジタル処理で極彩色の写真も面白いです。でも色だけで驚かした作品は飽きが来るはずです。じっくり心にしみるご自身の写真を撮ってみませんか?インスタグラムやFace bookで評判にならなくても、世界でたった一人あなたが最高と思えばそれでよいのではないでしょうか?


脱ドンキ系宣言しませんか?



# by masabike | 2017-08-21 18:54 | 写真アート | Comments(1)

相原正明 写真展 音と光の間 桂花團治師匠襲名を通して見た落語の世界 イベントの変更のお知らせ

f0050534_16263290.jpg
FUJIFILM X-T1+FUJINON16mm

下記のイベントの中にございます、9月3日トークショウのお申し込みは8月31日まで延長となりました
よろしくおねがいいたします


8月31日(木)より、富士フォトギャラリー大阪で開催!

相原正明 写真展「音と光の間」- 桂花團治襲名を通して見た、落語の世界 -

Xシリーズの無音シャッターでしか残せない、話芸の世界。従来撮影が許可されなかった、高座の撮影のみならず楽屋、舞台のそでなど一般の方々が見ることが出来なかった落語の世界の舞台裏まで、クリエイト作品プリントでお見せします。

9月3日(日)は2部制で、富士フイルム 大阪サービスステーションで相原正明トークショーも開催します。

■1部(参加費2,000円)「写真展 音と光の間」作品解説と撮影裏話(桂花團治師匠もご登壇予定です)

■2部(参加費無料)「旅写真の極意」風景、スナップ、乗り物、Food全て見せます!教えます!

参加ご希望の方は、こちらのフォームからお申込下さい http://bit.ly/2v3WOeo


各部着席20席限定となりますので、申込み多数の場合は抽選となりますことをご了承ください。

■相原正明氏
1958年 東京都出身 日本大学法学部新聞学科卒
2004年オーストラリア最大の写真ギャラリー・ウィルダネスギャラリーで日本人として初の個展
現在写真家であるとともにフレンドオブタスマニア(タスマニア州観光親善大使)
2017富士フィルム写真コンテスト ネイチャー部門審査員 https://www.fujifilm.co.jp/fpc/

■相原正明 写真展「音と光の間」
富士フォトギャラリー大阪ギャラリートーク
8月31日、9月1日、2日  各日11:00~14:00予定

日程:2017年8月31日(木)~9月6日(水) 会期中無休
時間:平日10:00~19:00(最終日15:00まで)
   土日祝10:00~18:00
場所:富士フォトギャラリー大阪
大阪府大阪市中央区本町4丁目6番17号 IS本町ビル1F
最寄駅:地下鉄御堂筋線「本町」駅(2番出口より徒歩5分)
    地下鉄四ツ橋線「本町」駅(25番出口より徒歩5分)
地図:http://bit.ly/1OCWNl6

富士フイルム 大阪サービスステーション
http://bit.ly/2wsXNm8


# by masabike | 2017-08-21 16:27 | Comments(0)

相原正明写真展 音と光の間

f0050534_07365441.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON100~400mm
繁昌亭 ・大阪
池田の猪買い
9月3日トークショウまだ若干お席ございます。桂花團治師匠もお越しの予定です

FUJIFILM X Series FBより転載

【イベント】
相原正明さんによる上方落語の写真展
8月31日から富士フォトギャラリー大阪にて開催!

当Facebookページでも雄大な風景作品や情緒あふれるモノクロ作品でおなじみの写真家 相原正明さんによる写真展「音と光の間 ~桂花團治襲名を通して見た、落語の世界」を 8月31日より、富士フォトギャラリー大阪にて開催します。

本写真展では、3代目桂花團治師匠の襲名を追いかけ、Xシリーズと共に見た落語の世界を A1サイズの大判プリントでご覧に入れます。Xシリーズの電子無音シャッターを使用することにより、従来撮影が許可されなかった高座のみならず、楽屋、舞台のそで、そして裏方の世界までお見せします。
8月31日から9月2日は毎日ギャラリートークも開催しますので、写真展とあわせてぜひお楽しみください。

さらに9月3日にはスライドトークショーも開催します。参加申し込みは8月20日(日)までですので、お申込みはお早めに!
※応募者多数の場合は抽選、トークショーは写真展会場と異なりますのでご注意ください。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

写真展について詳しくはこちら
http://aiharap.exblog.jp/28044644/


トークショーについて詳しくはこちら
http://aiharap.exblog.jp/28044668/

トークショーお申し込みはこちら
http://bit.ly/2v3WOeo

<相原正明さん写真展「音と光の間
~桂花團治襲名を通して見た、落語の世界」>
日 時: 8月31日(木)~9月6日(水) 10:00~19:00
     (土日祝日は18:00まで、最終日は15:00まで)
会 場: 富士フォトギャラリー大阪
http://www.prolab-create.jp/gallery/osaka/

<相原正明さんギャラリートーク>
日 時: 8月31日・9月1日・9月2日
     ①11:00~ ②14:00~ (各1時間予定)
会 場: 富士フォトギャラリー大阪
参加費: 無料(予約不要)

<相原正明さんスライドトークショー>
日 時: 9月3日(日)
 1部: 13:00~14:30
     写真展 音と光の間 作品解説 撮影裏話
     桂花團治師匠もご登壇予定です
 2部: 15:00~16:30
     旅写真の極意 風景 スナップ 乗り物 Food
     全て見せます!教えます!
会 場: 富士フイルム 大阪サービスステーション
http://fujifilm.jp/…/repairse…/servicestation/region002.html


定 員: 20名(応募者多数の場合は抽選)
参加費: 1部 2000円、2部 無料


# by masabike | 2017-08-21 07:39 | 写真展 | Comments(0)

伊勢エビ 退治? 志摩 福寿荘

f0050534_22574897.jpg











f0050534_23081376.jpg













f0050534_22575067.jpg












f0050534_22575100.jpg












f0050534_22575035.jpg













f0050534_22575071.jpg











f0050534_22574815.jpg















f0050534_22574917.jpg


FUJIFILM X-T2+carl Zeiss Touit 2.8/50M


今回の夏休みは、お伊勢さんのお参り、MIHOミュージアム見学 、そして伊勢海老&松坂牛&温泉でした

宿泊は、志摩の離れ小島の温泉宿、福寿荘。車を置いて船で渡ります。温泉も広くて良かったですが、何と言っても夕暮れの志摩の海を見ながらの夕飯は最高でした。伊勢エビづくしで、もうエビ退治をしているみたいです。あとは松坂牛のすき焼き。タコ飯 アワビなどなど。ずっと忙しくてゆっくりと休みがなかった家内も大喜びですし、僕も7~8月は意外と不動産広告のお仕事で忙しかったのでゆっくりできました。でもこれだけ食べると、そのあとお宿主催の花火見物&ナイトクルーズが少し眠かったです



f0050534_23051871.jpg
FUJIFILM X-T2+FUJINON35/1.4 ISO8000

豪華ディナー+ナイトクルーズも込みで、16000円でした。少し奮発いたしました






# by masabike | 2017-08-20 23:06 | 美味しい食べ物 | Comments(0)

MIHO Museum #2

f0050534_15541675.jpg

FUJIFILM X-Pro2+FUJINON18mm


荘厳でした






# by masabike | 2017-08-20 15:55 | 建築土木 | Comments(0)

MIHO Museum #1

f0050534_13194951.jpg
FUJIFILM X-Pro2+FUJINON35mm

夏休 建築と雪村(せっそん ユキムラではないですよ)のお勉強でMIHO Museum うかがいました






# by masabike | 2017-08-20 13:21 | 建築土木 | Comments(0)

Katachi 20170817 Ise

f0050534_13171480.jpg


FUJIFILM X-Pro2+FUJINON35mm/1.4


神様の領域の入り口にて






# by masabike | 2017-08-20 13:18 | 日本風景 | Comments(0)

ありがとうFUJIFILM GF670

f0050534_18462262.jpg











f0050534_18452980.jpg











f0050534_18452629.jpg









f0050534_18451980.jpg












f0050534_18445589.jpg














f0050534_18445495.jpg














f0050534_18445362.jpg














f0050534_18445274.jpg


















f0050534_18445420.jpg
FUJIFILM GF670  +FUJIFILM Velvia50  FUJIFILM ACROS+R1  FUJIFILM Pro400


本日、富士フイルムさんのHPで中判フィルムカメラ GF670の販売終了を知りました。何かとうとう一つの時代が終わった感じを受けました。このカメラは僕にとり初めての中判フィルムカメラのテスト、そして広告の撮影をさせていただいた思い出深いカメラです。蛇腹式のため、厳寒の知床で大丈夫?かなという不安もありましたが、良い作品を撮らせていただくことが出来ました。

テストさせていただき、広告を撮らせていただいたカメラは、どの機種、どのメーカー様のでも、自分の分身のようであり、自分の子供のようなものであります。そして今回は自分にとり最初で最後のフィルム中判カメラの仕事でしたので思い出は特に大きかったです。そしてこのカメラのプロモーションで日本全国トークショウをやらせていただきました。でも富士フイルム最後の、いえ日本のカメラ史最後の中判フィルムカメラの企画プロモーションのお手伝いと広告をやらせていただいたので、身に余る光栄だと今は思っています。そしてそこで培われたデーターの継承はいまのGFXシリーズに生かされていると思います。フィルムからデジタルになっても、写真家、写真を愛する人たちの、心の中の映像を思い通りに、寸分の狂いもなく富士フイルムの中判技術は再現してくれると思います。いつもカメラはあなたの心の窓になります


僕の作品の広告やトークショウやパンフレットを見て、GF670をご購入いただきましたお客様本当にどうもありがとうございます。いつまでも大切にしてあげてください。僕も大切にしていつも同じ光を見るようにしますから。ありがとうございました







# by masabike | 2017-08-19 19:01 | カメラ | Comments(0)