春へ向かう道

FUJIFILM X-T1+16~55mm


道に落ちる木の陰にも春のぬくもりを感じるひでした




30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2015-03-29 10:08 | 日本風景 | Trackback | Comments(0)

地鶏ナイト


宮崎の夜はご当地地鶏と熊本・馬刺し。鹿児島のカツオなどなど南九州の食材で乾杯でした。この2夜、美味しいお店をアレンジしてくれたのは、F社の夜の帝王・鶴さんです

九州のグルメで困ったときは、これから迷わず鶴さんです。もちろんカメラもバンバン売ってくれる敏腕営業マンです




# by masabike | 2015-03-29 09:45 | 美味しい食べ物 | Trackback | Comments(0)

春を抱きしめて
























































FUJIFILM X-T1+18~56mm 56mm


南九州はもう春真っ盛り。今日は思い切り春の神様に抱きしめられて撮影しました





30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!




# by masabike | 2015-03-29 00:06 | 日本風景 | Trackback | Comments(0)

晩夏の朝

FUJIFILM X-T1+50~140mm


晩夏のタスマニアの高原。冷たい雨が大地を覆う。寒いけどこれからタスマニアの一番美しい季節が始まる

撮影協力 カンタス航空 Tourism Tasmania(タスマニア州政府観光局)




30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2015-03-28 07:55 | タスマニア | Trackback | Comments(0)

宮崎到着














昨日の晩に宮崎入りしました。さっそく地元のセミナー担当の方と打ち合わせを兼ねた夕食会でした。夕餉に出た豊後水道の鯖のお刺身が最高でした。今日の延岡でのXセミナー頑張ります


























30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2015-03-28 07:51 | 美味しい食べ物 | Trackback | Comments(0)

懐かしい顔ぶれ宴会 2





FUJIFILM XQ1


昨日の宴会の参加者、土田氏。同じ営業部の後輩でした。彼はめでたく美女と社内結婚して今でもラブラブだそうです。そのラブラブ疲れか、あるいは宴会が楽しすぎて4時間以上続いたせいか、最初は自慢のX30で撮影していましたが、最後はお休みモードでした。今日は無事会社に行けたでしょうか?







30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2015-03-27 09:57 | 美味しい食べ物 | Trackback | Comments(0)

懐かしい顔ぶれ宴会























FUJIFILM XQ1


昨晩は昔勤めていた、広告代理店「創芸」時代の同期と先輩と後輩と懐かしい顔ぶれで宴会しました。昔の同僚と飲むお酒はとても美味しく楽しかったです。サラリーマン時代は僕は、正直あまり優秀な営業マンではなかったです。いろいろ言いまでも話題になる逸話を残すほど、超スチャラカ社員でした。でも嫌いだった営業マンも8年近く勤めて、そこで得た財産と経験は今とても大事なことになっています。当時先輩や上司から、電話の応対はもちろんですが、封筒の持ち方、歩き方、クライアントとの食事やお茶の対応、見積もりや請求書の書き方見せ方、プレゼンの仕方などなど今の仕事の基礎はすべてこの8年近くで教えていただきました。そしてこのメディアの世界で生き残るための掟も。


昨日はそんな昔話もありましたが、話の多くは写真のことです。実は昨日のメンツは昔の同僚でもあり、某写真家の物欲ブログと物欲facebookにはまりFUJIFILM Xシリーズヘビーユーザになられた方ばかりです。皆さん撮って出しがOKのXde作品を撮りましょう!!


ちなみに昨日の宴会で、日本食と日本酒を久しぶりに堪能しました。宴会はサラリーマン時代より面倒を見ていただいている、銀座インズ地下の「かんだ」です。天ぷら美味しいですよ!!



# by masabike | 2015-03-27 09:54 | 美味しい食べ物 | Trackback | Comments(0)

心で見る 

FUJIFILM X-T1+10~24mm

タスマニア北部の海岸は、まるでサメの歯のような岩が乱立している。しかもところどころ燃えるような真っ赤な岩になっている。晴れても、雨が降っても絵になるところ。この日は風も強く波濤がたっていた。荒れ狂うバスストレートのイメージを狙うつもりで来た。カメラと三脚を準備していると背後から声をかけられた。知らない言語中国語らしい。振り向くと、Canon EOS+広角ズームをぶら下げたアジア人観光客がいた。以下そのやり取り

観光客(以下C)[x?x?x?]

僕(以下A)「英語で来ますか?」

C「中国語は出来ないのか?」(英語で質問)

A「できないです」

C「どうして?」

A「中国人ではないから」

C「このあたりに景色がいいと言われる国立公園があると聞いたが、どこかわかりますか?」

A「ここです」

C「????どこ?」

A「ここです」

C「どこが景色が良いの?解らない」

A「とんがった岩と色のコントラストがここは面白いので」

C「でも天気が悪い、今日は天気が良くなるのか?赤や黄色の夕日の色が出るのか?」

A「快晴で真っ赤な夕日ばかりだけが良いとは限らない」

C「でも真っ赤な夕日が出ないと良い写真が撮れない」

A「逆に今日みたいに天気が悪い方がドラマチックに撮れるよ」

C「でも自分にはここが良い景色になるとは思えない」

A「よい景色は心で見て感じ自分の世界観で作り上げるもの。心を落ち着けてよく心で見ること」

C「でもよくわからない、ともかく良い写真が撮りたい」

そこでふと彼のカメラを見ると案の定PLフィルターが・・・

A「まずそのPLフィルターを外すように、そうすればもっとナチュラルな色が出るし、色ももっと新鮮になる」

C「そんなことは出来ない。だってこのフィルターは500$近くもしたし、テキストやネットでも風景写真はPLフィルターをつけろと書いてある。ともかく高いフィルターだから外せない」

A「値段と作品の良しあしは比例しない、それどころか値段と作品はまるっきり関係ない」

C「でも500ドルもしたし、レンズも高い。それにこれ以外ハーフNDとフォトショップの組合せが最高とみんな言っている。いつも????と????のソフトを組み合わせてレタッチしている」????は意味不明でした

A「うちの作品はほとんどノーフィルターだし、うちのクライアントから求められる作品もノーフィルター&ノーレタッチが前提となっている」

C「作品?クライアント?」

A「そう作品」

C「じゃあなたプロのフォトグラファー?」

A「そう」

C「有名?」

A「有名かどうかわからないけど、富士フイルムやニコンのそれからリコー・ペンタックスの仕事もしているし、オーストラリア政府観光局やタスマニア州の仕事、それからHONDAの仕事もしている。あとタスマニアの親善大使もしている」

C「・・・・・・」

A「だからフィルターは外した方が良い。カメラメーカーの広告はすべてノーフィルター&ノーレタッチな作品だよ。多分あなたのCanonも」

C「わかった・・・・、Canonの仕事はしていないの?」

A「Canonは家から遠いいので仕事ができない」(めんどくさいのでこのように言い訳をしました)

C「わかった、でも500$もするからPLフィルターは外せない。最後にあなたの写真を撮ってもよいか」

A「どうぞ」

そういい彼は僕の写真を撮り、イケイケ風の女子の乗った、たかそうなSUVのレンタカーに乗り過ぎ去りました。その後天気がさらに悪くなり上のような写心が撮れました。どうしても彼は高い機材=良い写真から抜けられないみたいです。紙と山水画を作り出した、彼のご先祖様が聞いたら悲しくような会話でした。中国の偉大な山水画に代表される文化とそれを見る心の眼はもうないのでしょうか?



撮影協力 タスマニア州政府観光局 カンタス航空




30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2015-03-26 18:03 | タスマニア | Trackback | Comments(6)

Deviles kicthin by Han Ryu


撮影協力 タスマニア州政府観光局 カンタス航空


デビルズキッチンは僕のホバートでのお気に入りのハンバーガー屋さんです。友人のハンさんご夫婦がやっています。2009年のソウルでの写真展の時、彼の援助が大きな力になりました




30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2015-03-26 09:47 | タスマニア | Trackback | Comments(0)

Singing in The rain

FUJIFILM X-T1+50~140mm

雨のクレイドルマウンテン。濡れたユーカリがまるで雨の中で歌っているように見えてしまった

撮影協力 タスマニア州政府観光局 カンタス航空




30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2015-03-26 09:43 | タスマニア | Trackback | Comments(1)