桂春雨さんの会の帰りは熱かった?


FUJIFILM X30


昨晩は神保町で桂春雨師匠の東京での高座がありました。神保町の落語カフェでしたので家から近く楽しかったです。特に愛宕山という噺は初めてで面白かったです。江戸時代の旦那衆が山で芸者衆を連れて遊びに行く話ですが、春様師匠の熱演で情景描写が目の前に出てくるのはさすがだと思いました

ちなみに春雨師匠はクラッシックバレーもやられていて「落語界の貴公子」と呼ばれているらしいです









帰りに食べた神保町名物の源来酒家の麻婆麺、ものすごく熱く辛かったですが。食べた後はお腹すっきりという感じでした。ユウリンチも美味しかったです




# by masabike | 2015-05-29 17:22 | 落語 | Trackback | Comments(0)

セントラルハイランド・タスマニア

FUJINON16mm+X-T1

撮影協力 カンタス航空 タスマニア州政府観光局

ここを笑る風と光はいつも南極の香りを含んでいる




# by masabike | 2015-05-28 10:22 | タスマニア | Trackback | Comments(0)

5月27日 富士フイルム Xシリーズ facebookより



【和の「写心」 By Masaaki Aihara

「色の浪」 富山県砺波市
FUJIFILM X-T10 + FUJINON XF35mm/1.4
マクロエクステンションチューブ MCEX-11使用
フィルムシミュレーション Velvia/ビビッド

砺波のチューリップ畑はまさに原色の絵の具が風にのって浪のようにたなびいている。この色の浪飛沫を表現するにはフィルムシミュレーションでVelviaモード以外は不可能だと思う。多くのデジタルカメラ機材の中でフィルム時代に培った経験と、フィルムならではの色が安心してデジタルで使えるのがXシリーズの武器だと思う。特にこの一年半、世界中のいろいろな光と色をX-T1で狙ってきた。多くの場所は過酷な環境だった。だが意外と普段の撮影や広告やエディトリアルの仕事では日常の中で使うことが多い。そのようなときに贅沢にももっと小型なX-T1があればと思ったりした。小さなバッグに入りながらもX-T1と同じ画質ほぼ同じ機能と操作性。無理だと思った...

そんな写真家のわがままな希望にこたえてくれたのがX-T10。小型でありながらX-T1と画質と色も同じなので、X-T1のサブ機としても充分使える。そして今回のチューリップの撮影で便利だったのが、新AF機能「ワイド/トラッキング」。「なんで花の撮影でトラッキングが必要なの?」と思われるかもしれないが、実は花のクローズアップを撮ると、意外と風で花が大きく揺れていて、AFが合わなかったり、MFで撮ったけどかなりずれていたりする。そんな時に今回のワイドト/ラッキングモードを使うとかなり追従してくれる。今回はチューリップに数センチまで近づいた。でも問題なく揺れる花びらをカメラのAFは捉えていた。写真家はフレーミングと光を読むことに集中できる。そして狙い通り撮れたときの喜びは大きい。

Xシリーズは撮影していて、自分としては大きなコンセプトを感じる。「素晴らしい作品を撮るのに集中できるマシン」ということだ。望みどおりの色再現も写真家をレタッチ作業から解放してくれて、デジタルカメラオペレーターから写真家に戻してくれる。小型軽量のシステムも撮影で何日も旅をするとき、フィジカル面の負担を軽減してくれて、ファインダーで作品を狙う、撮ることに集中できる。そして今回の新AFシステムもそうだ。もしあなたが楽しくそして自分気持ちを100%ファインダーに集中して写真が撮りたいなら、X-T10をはじめXシリーズが応えてくれるだろう。最後に思い出をプリントした時に、あなたの心の中に見えたものが現実となりあなたの部屋を、Bookを飾ることだと思う。

《トークショーのお知らせ》
6/6(
)6/7() 東京・渋谷ヒカリエにて相原正明氏トークショーを開催します。ぜひご来場ください。
http://www.tokyocameraclub.com/special/exhibition_2015/











30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2015-05-28 10:03 | 日本風景 | Trackback | Comments(0)

2015東京カメラ部 ヒカリエオープニング






FUJIFILM X30


昨日は夕方から渋谷・ヒカリエで2015東京カメラ部のオープニングに出席いたしました。今年も多くの作品が出ていました。そして昨年とは少し作品の流れが変化した気がします。会場では元CAPAの石田編集長やMASHボス伏見さんや、MASHスタッフのいつもパワフル岡本さんにお会いしました。岡本さん(右)には焼き豚の残り汁で作る煮卵のアドバイスをいただきました。僕なぜかこの人に何か頼まれるとNoと言えないのです


終了後は、うちにお手伝いに来てくれるフォトグラファーの高木君とうちの奥様と渋谷の路地裏・焼き鳥屋さんで写真談義でした
打ち合わせが5つのあわただしい1日でした







30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2015-05-28 09:58 | イベント | Trackback | Comments(0)

もう夏?でもまだ5月

FUJIFILM X30

よくカメラマンの人って朝は遅いのでしょ?と聞かれます。とんでもないです。結構毎日早起きで仕事をしています。特にフリーで自宅兼事務所なので生活のメリハリをつけなければならないので、時間管理しっかりします。通常は朝7:30始業開始です。戦闘状態の時は家でも朝5時とかから仕事をしています。あと朝型生活にしないと撮影の時たいへんなので、寝坊をしても8時までにはお休みの日でも起きます


昨日は8:30からクライアントさんに板橋駅前ファミレスで写真をお見せする早朝ミーティングでした。しっかり朝ごはんはパンケーキです







そのあとはバイクで門前仲町へ。あるクライアントさんの写真コンテストの審査をしました。お昼時間の審査でクライアントさんもお腹ペコペコだったと思います。担当の女性が細身だったので腹ペコでダウンしたらどうしようかと不安でしたwww

遅めのお昼ご飯は飛び込みで入ったラーメン屋さん「純風」はとてもおいしい味噌ラーメンでした。久ぶりに腰のあるラーメン食べてあたりでした。やはり第6感に頼るのが食べログより良いかもしれません。そのあと富士フイルムスクエアに行き、週末の鳥取撮影用にX-T1を2台点検清掃に出しました。常にメンテナンスを怠りません。いつでも刀は戦えるように研いでおきます。
帰宅すると汗だく、早くも夏の様で、バイクに乗ると火鉢にまたがっているみたいです。特にBMW1150GSのフラットツインエンジンは熱いです。人間も冷却のためにアイスクリーム!!yamyamでした









30000人の写真展facebookです





富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2015-05-28 09:50 | 美味しい食べ物 | Trackback | Comments(0)

FUJIFILM X-T10はこんなに小さい








FUJIFILM X30


テスト撮影の時にT10とT1の大きさを比べてみた。心持ちT10の方が小さいと思ったらかなりの小ささにびっくり。防塵防滴等ヘビーデューティーな仕様ではないが、一般の人が使うなら、より小型軽量の方が喜ばれるかもしれない。小さく安くなった分省かれた点はいくつかあるが、これだけの機能とT1と同じ絵作りなら、一般のみならず雑誌や新聞社の編集や記者の人の取材に十分対応できる。

またダイヤル操作系は、人間とっさのときにアナログ思考なので非常に操作しやすい。Nikon Dfと同様に操作性と持つ喜びを兼ね備えている。決してT1の廉価版ではない作り込が見える。この夏休実、夏の北海道や沖縄、あるいはハワイやオーストラリアに旅するなら迷わずX-T10だと思う。小型のボディーはレンズを数本持っていてお安心してLCCの機内持ち込み手荷物重量をクリアーできる。超過料金は意外と高いです。1年間で数回払うとカメラ買えるぐらいの場合もあります、ぜひ旅にX-T10お勧めです。電子無音シャッターも装備しています





# by masabike | 2015-05-26 11:41 | カメラ | Trackback | Comments(2)

FUJIFILM X-T10はこんなに小さい








FUJIFILM X30


テスト撮影の時にT10とT1の大きさを比べてみた。心持ちT10の方が小さいと思ったらかなりの小ささにびっくり。防塵防滴等ヘビーデューティーな仕様ではないが、一般の人が使うなら、より小型軽量の方が喜ばれるかもしれない。小さく安くなった分省かれた点はいくつかあるが、これだけの機能とT1と同じ絵作りなら、一般のみならず雑誌や新聞社の編集や記者の人の取材に十分対応できる。

またダイヤル操作系は、人間とっさのときにアナログ思考なので非常に操作しやすい。Nikon Dfと同様に操作性と持つ喜びを兼ね備えている。決してT1の廉価版ではない作り込が見える。この夏休実、夏の北海道や沖縄、あるいはハワイやオーストラリアに旅するなら迷わずX-T10だと思う。小型のボディーはレンズを数本持っていてお安心してLCCの機内持ち込み手荷物重量をクリアーできる。超過料金は意外と高いです。1年間で数回払うとカメラ買えるぐらいの場合もあります、ぜひ旅にX-T10お勧めです。電子無音シャッターも装備しています





# by masabike | 2015-05-26 11:41 | カメラ | Trackback | Comments(0)

富山・ダム


FUJIFILM X-T1+FUJINON18~135mm

今11月7日からの富山・高岡市のミュゼふくおかカメラ館の個展に向けて、富山の作品を撮っています。富山と言えば個人的に日本海 ダム 渓谷 チューリップです。別の見方では日本酒、ブリ、ますずしです笑





# by masabike | 2015-05-26 09:51 | 日本風景 | Trackback | Comments(0)

幕が上がる前 桂花團治師匠襲名公演・大阪繁昌亭

FUJIFILM X-T1電子無音シャッター使用 FUJINON16mm


桂花團治師匠の襲名口上の幕が上がる前、楽屋で噺家の皆さんが真剣なでも笑いを交えた打ち合わせ。いったい何を話し合っているのでしょうか?
そこで皆さんにクイズです
1落語の起源について
2上方落語界の展望について
3襲名の歴歴史的なこと
4エッチな話俗にいう猥談ですww

こたえは…皆様のご想像にお任せいたします

そして幕が上がる前に口座に勢ぞろいした噺家の皆様・・













手前の小春團治師匠がハイなのりを示すと、となり春蝶師匠 花團治師匠にも伝染していきます。でもその向こうで福團治師匠と春雨師匠が真剣に打ち合わせをしています。

こんあシーンも観客席から音が聞こえないT1の電子無音シャッターだからこそできた撮影。まさにX-T1写真の歴史を塗り替えるかもしれません。そういえばまだプロト機のT1で(まだカメラが内緒の時です)福井の高座を撮影していたら、後ろで見ていたお客様から「なんでこのカメラ音がしないの?」と聞かれ青ざめました。答えは
「気のせいですよ」としか言えませんでしたw



今週は春雨師匠の高座が5月28日 東京・神保町の落語カフェでありますので僕も行く予定です



# by masabike | 2015-05-26 09:28 | 落語 | Trackback | Comments(0)

一人焼肉



FUJIFILM X30


今宵は奥様が四国に行っていないので一人夕飯。夕方スーパーに行くと焼肉セット30%Off
思わず買っちゃいました。今晩は一人焼肉でした。もちろんオーストラリアワインで!おいし~~い

Xシリーズはお肉が美味しく写るのが特徴です笑



# by masabike | 2015-05-24 23:42 | 美味しい食べ物 | Trackback | Comments(0)