予感

FUJIFILM X-T1+18~55mm



こんな雲が出るときはすごい大自然のドラマが起こる前触れ。この後はもっと素晴らしかったです。続きは・・・・Xシリーズ facebookかな?



30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!


# by masabike | 2014-10-24 08:49 | 日本風景 | Trackback | Comments(0)

心に何が見えているか


Otus55mm


Otus 55mmは心の中に「今自分は何を感じ、何を今見ているか?」それを問いかけてくる。漫然とした気持ちで撮ることは許してくれないレンズ。写真はパッションと哲学の塊だということを認識させてくれるレンズ。押しただけでは写らない写真力が求められる、ゆるい写真は撮らせないレンズだ。




30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!


# by masabike | 2014-10-24 08:46 | 日本風景 | Trackback | Comments(0)

カオスの時間・屈斜路湖

FUJIFILM X-T1+FUJINON18~55mm



強烈な秋晴れの後に嵐が来た。昼だか夜だかわからない時間が始まる。色がなくなる時間。色がない分、物の在り方がより鮮明になるかもしれない。色がない分、空気のあらわらしさが出せるかもしれない



最近はモノクロの比率が多くなってきた。時として色さえも邪魔に思えるくらい、その空間と形をじっくり見たい。



30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!


# by masabike | 2014-10-23 14:04 | 日本風景 | Trackback | Comments(2)

缶詰







































FUJIFILM X-T1+56mm


昨日は北海道&東北で撮影した630GBの撮影データーと格闘していました。1日中、PCの奴隷です。まさに家で缶詰、家畜状態でした。そんあときにせめてもの救いが音楽です。しっかりB&W804と仕事場のRogersのスピーカで音楽を楽しみながら仕事をしました。音が良いと疲れ方が違います。うちのスピーカーシステムは2001年にDVDを出すときにその音源チェックで買いました。その当時大変お世話になっていた、音楽&映像プロデューサーのMさんのアドバイスで、買いました。「よい音は写真を選ぶときとても大事だよ」とアドバイスをいただいたので。そのMさんも遠い世界に今は旅立たれてしまっています。B&Wスピーカーで音を聞くたびにMさんのことを思い出します。


昨日聞いたCD&SACDは写真の通りです。






お昼ご飯は前日の焼き肉のたれの残りに、やはり残りの豚肉を入れて炒めご飯にかけて食べました。ちょっと生卵を添えねぎたっぷりで。簡単安い早いのお昼ご飯でした。ちなみに焼肉のたれはB-1グランプリを勝ち取った「十和田バラ焼のたれ」に少しアレンジを加えました




30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!


# by masabike | 2014-10-23 08:53 | 写真アート | Trackback | Comments(0)

夏のドイツ旅 ドレスデンHbf









































































































































































FUJIFILM X-T1+10~24mm 18~55mm


ベルリンから2時間、古都ドレスデンのHbf(中央駅)はなかなか荘厳でおしゃれでした。日本にはこんな駅は少ないのが残念







30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2014-10-22 07:49 | 2014ドイツ旅 | Trackback | Comments(0)

お昼ご飯散歩 板橋石神井川から王子へ(修正版)









































































































































































FUJIFILM X-Pro1+FUJINON35mm



昨日は気分転換に王子まで、お昼ご飯を食べに散歩しました。のんびり歩いて家から小一時間です。朝のウォーキングでよく通る道ですが、それでも通るたびに新しいモチーフを見つけます。その日の気持ちや光でいろいろなモチーフが見つけられます。写真は奥深いです。久しぶりのX-Pro1やはりT1に比べて、なんかのんびり使えます







お昼はお茶のおけいこの帰りの奥様と待ち合わせて、王子のお蕎麦屋さんで天ざるでした。お休みの日なので少し贅沢してお酒も1本頼みました。昨日は奥様も代休でお休みでした


お詫び 写真の縦横が違っていました。寝起きにUPしていたので平衡感覚がずれていたと思います(爆)



30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!





# by masabike | 2014-10-22 07:35 | TOKYO下町 | Trackback | Comments(2)

戦い終わって2  FUJIFILM TX-1


































































































FUJIFILM X-Pro1+Zeiss Touit 50mm

今日もカメラのメンテナンスの日々でした。そして今日のメンテナンスは思い入れのある1台です。FUJIFILM TX-1。1999年に発売した富士フイルムのパノラマ/通常35mmの切り替え式レンジファインダーカメラです。パノラマは35mm2コマを使い、1コマとして撮影しますので左右の長編は7センチ近くなります。

1999年3月~6月までオーストラリア奥地に撮影に行ったときに託された、テスト用のプロトタイプボディーです。これで当時、400本ぐらい撮影しました。1カットで2コマ分使うのですが駒間が詰まっていて1ロールで21枚撮影できます。レンズは当初90mm&45mmでしたが、あとから現在装着している30mmも発売されました。30mmのみは外ずけビューファインダーで見ます。

このカメラで僕は横位置のパノラマプラス掛け軸風の縦長の絵を撮影しました。いわばこのカメラが僕をオーストラリアの個展やフォトキナに導いてくれました。思い出深い1台で今でも現役で使用しています。パノラマ全盛時代でも、このフィルムとワイドレンズにより撮るパノラマ&掛け軸風の作品はデジタルにはない3Dのような奥行きが出ます。またフォトショップの合成パノラマと違い1発撮りなので画面のゆがみもなく、動く雲や波もものすごくリアリティが出てきます。写真展にはなくてはならないカメラです


ところでどうしてプロトタイプが今でもあるのか?そう疑問に思われる方も多いと思います。このカメラを持ち撮影した距離は今までのオーストラリアロケで一番長距離で2万6千キロでした。東海岸のシドニーから西海岸トップのブルームまでランクル70で往復して撮影しました。旅は過酷以上のもので走行中にランクルの車輪が取れたりしました。まさに一人パリダカでした。そんな旅の苦労の深い思い出が、一緒に旅したこのカメラにはあるので、当時の富士フイルムさんのプロ担当の方が撮影終了後「お礼に新品を1台プレゼントしますね」とおっしゃっていただいたのですが、どうしても一緒に旅をしたこのぼろぼろのボディーがほしいとご無理をおねがいして、永久貸出と言う形で我が家にあります。その後も何度も過酷な旅をして何度もオーバーホールしました。まさに旅の友、作品の生みの親です。我が家も気がついたらデジタルカメラが幅を利かせていますが、それでもまだ仕事でNikon F3P&F6,PENTAX645&67を使用しています。今回の北海道でもこのTX-1で30本ほどとりました。さすがにこのカメラを似た名前のX-T1で撮るのは忍びないのでX-Pro1で撮りました。まだまだフィルムカメラでないと撮れない世界観があります。写真は画素とダイナミックレンジだけで決まるものではないです。サムシングエルスがそこに介在します


30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2014-10-21 19:06 | カメラ | Trackback | Comments(8)

空は生きている


FUJIFILM X-T1+18~55mm


気圧の谷が鳥海山の上を通過する。その時雲は単に雲ではなく空を支配する生き物になる


30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2014-10-21 10:13 | 日本風景 | Trackback | Comments(2)

朝ごはんは北海道


FUJIFILM X-T1+Zeiss Touit 50mm プロネガモード










朝ごはんはクロワッサンでした。それに突撃元チャンから頂いた北海道スープセット。これがかなりいけます。惜しいですよ。きのはアスパラスープでした。個人的にはアスパラとかぼちゃが美味しいです。これを東京で売ってくれないかなと思います


ちなみにマグカップはオーストラリア・ダーウィンで買ったアボリジニアートのカップです。個人的にはアボリジニアートは点描画よりもこの北部のX線画法のほうが好きです



30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2014-10-21 10:09 | 美味しい食べ物 | Trackback | Comments(0)

戦い終わって


FUJIFILM XQ1


この2日間はカメラのメンテナンスをしています。撮影の時はカメラ機材はかなりラフというか荒く使い酷使します。それは個人的にはカメラは嗜好品ではなく光を捕まえる武器と考えています。そして撮影はいつも戦いの場と思っています。先々月のベルリンで見た現代アート展でも作家のコンセプトは「アートの制作現場は戦場だ」でした。だから最高に一瞬をとらえるために酷使します。


その代り帰宅したら、まずはすぐにカメラの清掃それから、各メーカーさんのSSに点検に持って行きます。そして清掃をしながら撮影の反省点、次の撮影のコンセプトや課題、ロジスティックを考えます。そして清掃の時はうちのB&Wでよい音楽を聴きながらします。カメラの掃除が至福の時間になっていきます


30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!




# by masabike | 2014-10-21 10:06 | カメラ | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >