X-T1電子無音シャッター テスト バイク編






























FUJIFILM X-T1 電子無音シャッター プロトタイプ(プロトキですので市販品と画質等異なるときがあります。ご容赦ください)
+FUJINON 56mm  f1.2 開放 ISO200 WB晴天
シャッタースピード1/14000



明るいF値のFUJINON 56mmレンズはボケがきれいです。ただしピーカンの海辺なんかで開放でf1.2のボケ味を使うことは従来のレンズでは不可能でした。ただし電子シャッター最高速1/32000秒を搭載する新X-t1ならばお茶の子さいさいです。海辺で安心してモデルさんでボケを創れます。そしてモデルさんだけでなく、車やバイクで、物撮り等でも威力を発揮します。特にマシン系でやや半逆光でアンダー目に撮るときその威力は抜群です。今まではボケ味を出すために200mm.300mmクラスで車やバイクを撮っていましたが、FUJINON56mm+電子シャッターで登場でf2.やf2.8の明るい長玉での車やバイクを撮ることは減ると思います。ただしバックとの兼ね合いや車体の大きさの関係はありますので、ゼロになることはないと思います。でも大きなレンズでなくても気軽に大口径のボケ味を楽しめます。ぜひ楽しみにお待ちください

撮影協力 日下春美さん(DUCATI  オーナー)

追申 撮影時には日下さんにはこのカメラのことは内緒でした。守秘義務があるのでごめんなさい。プロの仕事の一つに上手に撮ることだけではなく依頼人やニュースソースを明かさないという守秘義務があります。これが守れないと抹殺されます。あと知られてしまうと日下さんを抹殺しなければならなかったので(爆)







30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2014-09-21 00:58 | カメラ | Trackback | Comments(2)

屈斜路湖 色即是空

FUJIFILM X-T1+Zeiss Touit12mm


夏が最後の力を振り絞った北の光を見せてくれた
むき身のバイクで旅をすると色と光と風に敏感になる。野生の五感が地球のささやき捕まえてくれる

バイクの旅でも、X-T1,Zeiss12mm FUJINOn18~135mm 35mmそしてミニ三脚で充分作品が撮れる。今回はバイク旅ながら100GBも撮ってしまった



# by masabike | 2014-09-20 19:37 | 日本風景 | Trackback | Comments(0)

大人のおもちゃ箱  BMW ミュージアム













































































FUJIFILM x-T1+Zeiss 12mm FUJINON32mm


BMWミュージアムは本当に大人のおもちゃ箱。最新のF1マシン、クラッシックカー、BMWのルーツ飛行機のエンジン、そして僕が憧れだったパリダカマシン、もう何度も見に来たいです。そしてBMWは今や日本メーカーのお家芸と言われている並列4気筒でもレースシーンを驚かせています。イギリススーパーバイクレースでは元ホンダワークスの清成選手がBMWにスイッチして勝ち上がってきています。まさにテクノロジーはレースで磨くです。またいつかBMWミュージアム行きたいです。次回はここでBMWお持ち帰りしたいです













30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!


# by masabike | 2014-09-20 19:26 | 2014ドイツ旅 | Trackback | Comments(0)

BMWミュージアム ミュンヘン


















































FUJIFILM X-T1+Zeiss12mm Touit FUJINON32mm


BMWミュージアムを見て感じたことは、どうやったら訴えられるか、どうやったら見た人に印象的になるかと言うのがディスプレイや建物の動線とデザインによく出ているということ。ミュージアムを地下まで見ると、次は天まで上るようなエスカレーターで車を見ながら登っていきます。次は何が出るのだろうとわくわくさせてくれます。ここはまさにミュージアムではなくBMWテーマパークでした。でもここの与える企業イメージや車やバイクに対する理念はすごいと思います。もし子供のころここを見たら大きくなったら、絶対にBMWのバイクや車を買おうとお思います。日本車はヨーロッパで戦う前にイメージ戦略で負けてしまうのではないでしょうか?心配です





30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2014-09-20 19:10 | 2014ドイツ旅 | Trackback | Comments(0)

物欲の秋 Nikon D750


モトラッド杉並の帰りは新宿に、Nikonの新ナナハン。と言ってもバイクではないです。D750の発表イベントおうかがしました。かなり気合の入ったイベントでした。D750はそのボディーの薄さがすごかったです。あと軽いです。そして高感度性能。鉄道&飛行機&モータースポーツに美味しそうです。

でも今回は、個人的に一番気になったのは新発売Nikkor20mmf1.8です。我が家の20mmは1991年モデル。だいぶ使い込んでます。新たな悪魔が3匹ぐらい耳元ではなく、前頭葉と大脳のあたりでささやいています。秋は食欲ではなく「物欲の秋」です







でも物欲を抑えると、やはり食欲が頭を持ち上げます。新宿でお昼と言えばつけ麺の昌平です。いつもなかなかのお味です。お得盛りで850円でした。今でも物欲と食欲が頭の中で格闘しています










30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!


# by masabike | 2014-09-20 19:02 | カメラ | Trackback | Comments(0)

バイエルンからのささやき






















FUJIFILM XQ1


今日は朝から我が家のドイツの駿馬BMW 1150GSのフロントブレーキパット交換でモトラッド杉並さんに行ってきました。待っている間に目についたのがこれNew 空冷フラットツインR NINE T。欲しい~~~!!と言う感じで見ていたら店長の市川さんが「よかったら乗ってみませんか」と悪魔のささやき。「乗ったら買ってしまうじゃないですか」というと「それが商売ですから」とさらに悪魔のささやき。試乗はせずにただまたがっただけで、なんとか絹糸ぐらいの細い理性の線をつなぎとめました。危なかった。でもとてもきれいなデザインで、もちろん走りも空冷ビッグツインDOHCなのでかなりなもの。宝くじ当たったら欲しいな。でもドカのモンスターも魅力だし、アプリリアも美味しそうだし。困ったな・・誰か買ってくれる人いないですかね。よい子にしますので










30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!


# by masabike | 2014-09-20 18:55 | Motor Bike | Trackback | Comments(0)

パリ=ダカールラリー BMWミュージアム






























FUJIFILM X-T1+23mm Zeiss12mm


1980年代初頭、深夜のテレビで驚くものを見た。国際映像配信で送られてきたパリダカールラリーの映像だ。それまでバイク雑誌でのレポートは見たことあったが、動画は初めてだった。そしてそこで見たのはテネレ砂漠を疾走する白いマシンだった。よく見るとフラットツインエンジン。なんとBMW!それまでのBMWのイメージはオジサンたちが隊列組んでたらたら走っているバイク(ちょうど今のハーレーみたいな感じです)のイメージで運動性能は大したことがないと思っていた。砂漠を超高速で疾走し、いならぶホンダやヤマハのバイクをぶっちぎり砂漠を走る。驚きだった。確かライダーはガストンライエとオリールだったと思う。

フラットツインの低重心とシャフトドライブでの砂をかまないことがプラスしたみたいだ。そして白いボディーに"Pris Match"のゼッケンプレート。かっこいいほしい自分も出たいと思った。その映像が僕をオーストラリアの砂漠への扉を開けるカギになったことは言うまでもない。












そしてパリダカ映像でで見た、夢のマシンが具体化されBMWが世界に送り出したのがR80GS(ゲレンデシュポルトの略称) 欲しかったが免許がなかった(当時は中型二輪免許で400ccまでしか乗れなかった)それと見習いカメラマンで月収105000円では買えなかった。いつかこんなマシンで旅をしたいと思い続けていた















そしてさらにその夢のマシンが進化して、BMWが送り出したのがHP2.
欲しいですBMWは日本でのイメージとは違い、海外では市販車レベルでモータースポーツで戦う熱い会社です




30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2014-09-20 09:07 | Motor Bike | Trackback | Comments(0)

今日のお昼ご飯は・・・・・









FUJIFILM XQ1


昨日のお昼ご飯は、新板橋駅前の超人気定食屋さん「洋包丁」。ここは何を食べても美味しくメニューを決めるのに毎回迷います。でも昨日も定番のスタミナ焼き+コロッケ。合わせて1000円・・・・・・??「え~~」そう以前はスタミナ焼き750円でしたが、消費税UPに伴い790円になりコロッケと合わせると1000円になりまして、とほほです



でも味は最高です。お昼はいつも行列です










夜は品川駅前の居酒屋さんsasayaさんで写真関係の方(美女2人を含む)と宴会でした。ここは自分の家からBYO(ワイン持ち込み)ができるのと、お店のワインも酒屋さん価格+1本900円で飲めます。でもおいしくかなり飲みすぎて、朝起きたら胃が重いです。いまだに食欲回復せずお昼ご飯は13時現在まだ食べる気がしません。やはり齢とった証拠かな…泪


注)昨日はがっついていたので久しぶりにランチの写真がぼけていました。写欲より食欲が勝っていました






30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!



# by masabike | 2014-09-19 13:03 | 美味しい食べ物 | Trackback | Comments(0)

タスマニアのスーパーマネージャー再訪


FUJIFILM XQ1 in Shinjuku Tokyo


今朝タスマニアの友人、アダムさんが日本に来たのでお茶をしました。2002年に彼とホバートであってから僕の人生は大きく変わりました。当時彼はタスマニア政府観光局日本担当、そのご観光局日本&韓国局長になりまして、タスマニアでの写真展3回開催、アメリカ・ボルチモアでの個展、韓国ソウルでのロッテデパートの個展を含め、やはり3回の個展などなど数え上げたらきりがないほど僕の海外ビジネスをアレンジメントしてもらいました。さらに観光親善大使として政府に推薦してくれたのも彼です

そして彼に一番教えられたことでは、なによりも海外でのビジネスのスタイルをみっちり鍛えられました。一番がプレゼンテーションとスピーチです。彼はプレゼンとスピーチは「原稿を見ない、笑顔を絶やさない。ジョークを入れる。そしてNever never mistake」とよくアドバイスしてくれました。そのおかげでフォトキナや韓国での記者会見やメディア取材もなんとかこなせるようになりましたし、ドイツ・カールツァイス本社での6時間近いプレゼンテーションもうまくできたのは、彼のスパルタ教育おかげだと思います。そして仕事で「この写真展やイベントは時間がない、予算がないので不可能」と言うと「どこが不可能なのか?なんで不可能なのか?」その要因を一つ一つつぶして成功に導いてしまう、スーパーマネージャでした。いま彼はタスマニアに戻り自分の事業にまい進しています。

今回の来日は友達に会ったり観光だそうです。いつかまた一緒に楽しい仕事しましょうアダムさん。最後に多くのチャンスを作り僕の人生を変えてくれたことに心からどうもありがとう。一緒に仕事をした11年間を僕は決して忘れません。 Thank,s mate ! Cheers Masa

追伸 アダムさんは、タスマニアに戻ってからジムに通い20kgのダイエットしたそうです。見習わないと・・・




30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!





# by masabike | 2014-09-19 12:50 | タスマニア | Trackback | Comments(0)

BMWミュージアム










































今回の旅の一番のお楽しみ、BMWミュージアムです。もともとBMWは飛行機エンジンから始まったと言われています。だから会社のマークのブル&ホワイトは空とプロペラをイメージするとも言われていますし、バイエルン州の州のカラー ブルー&ホワイトをいめーずするとも聞いています。ともかく大型飛行艇のエンジンに始まり、第2次大戦中は名機フォッケーウルフのエンジンもBMWでし。いぜん福井のコンビニでうちの1150GSを停めたら、中から店長のおじさんが走り寄り「お~~フォッケーウルフのエンジンだ」と言われてしました.。航空機エンジンはまさに機能美の塊です。空飛ぶ工芸品です




















































FUJIFILM X-T1 23mm Zeiss12mm


飛行機のエンジンの次はレーシングエンジンが展示してありました。本当に極限を追及した機械は美術品と同じ美しさがあります。極限まで無駄を省き機能のみを追求した美しさです

























































































飛行機に始まり2輪の歴史が古いBMW、その歴史を見せつけられます。伝統のボクサーツインエンジンです。HONDAも多くのエンジニアが航空エンジニア出身だったと聞いています。飛行機とバイクとてもつながりが大きいと感じました。そしてBMWとHONDA,2輪と4輪とモータースポーツをこよなく愛す社風、とても共通するところがあります。世界で2&4を作るメーカーはHONDA,SUZUKI,BMWだけです。


でも今回そのディスプレイの大胆さとセンスが素晴らしいので驚きました。バイクを壁にぶら下げる展示方法すごいです。でも地震がある国では無理かもしれません
























四輪車まで立体的に展示です。そして今までの製品のエンブレムまで。空間デザインの設定がとても美しいです。どうしても面で考えがちなところを3Dで考えています。最初のブースを見ているだけでも1日かかりそうです。


ゆっくり見たら丸1日かかります。続きはまた明日!&?




30000人の写真展facebookです


富士フイルムさんのX シリーズフェイスブックで和の写心 (毎週水曜日更新)を連載中。「イイネ」押してくださいね


応援クリックお願いいたします!




# by masabike | 2014-09-18 16:08 | 2014ドイツ旅 | Trackback | Comments(0)
< 前のページ 次のページ >